富良野

北海道スキーツアーの選び方

北海道のスキーツアーは価格がずいぶん違います。「大手旅行会社だから高い」とも限りません。女子旅向けに、安く北海道スキーツアーに参加するにはどうしたらいいのでしょうか。 基本からわかりやすく解説していきましょう。 ポイント1 飛行機のフライトは早朝便か午後に 東京や大阪を出る時間帯の人気は午前8時から午後10時頃。いっぽう、午前6時台の早朝便や、午後便は安くなります。 ですから、早起きが得意な人は午前6時台のフライトに。ゆっくり寝たい人は午後のフライトにすれば安く行けます。午前10時のフライトでもスキー場到着は夕方ですから、その日ほとんど滑れない点では、午後のフライトと一緒です。 ポイント2 とにかく安く!を狙うなら、ニセコか富良野の民宿・ペンション 北海道のスキー場はリゾート主体なので、民宿やペンションが近くにあまりありません。ただ、ニセコと富良野だけは民宿・ペンションが多く、手頃な値段の宿が揃っています。 そのため、安く北海道に行きたいなら、ニセコか富良野が狙い目でしょう。どちらのスキー場も、ゲレンデの質の高さでも太鼓判です。 ポイント3 リゾートホテルでは2食付きを狙う! リゾートホテルに宿泊するプランの場合、食事付きかどうかで値段がずいぶん違います。「食事なし」のプランのほうがもちろん表面的には安いのですが、リゾートホテルのレストランはどこも高いので、「食事なし」プランだと、当日の食事代が高くついてしまう可能性もあります。 冬の北海道のリゾート地は、クルマがなければ近くの居酒屋にも行けないので、結局レストランで食事して高くついてしまう、ということも多いです。そのため、リゾートホテルに泊まるなら、2食付きにしましょう。 ポイント4 同じエリアでもホテルで値段がとても違う! 同じエリアでも、ツアーによって値段がとても違うことがあります。同じリゾートでも、値段が大きく異なることも。 当然のことですが、グレードの高いホテルや、そのなかでもグレードの高い棟はツアー価格も高くなります。ただ、同じリゾートなら、グレードが低くても、部屋以外のサービスは変わらないことも多いので、手頃な棟を狙うのもアリでしょう。 ポイント5 新千歳空港での待ち時間も考える ツアーでは、新千歳空港に到着後、ゲレンデまではバスに乗ることが多いです。バスは自分のフライトに合わせて出発してくれるわけではないので、新千歳空港での「バス待ち」の時間は結構長くかかります。 ですから、飛行機の到着予定時刻と、バスの出発時刻があまり空きすぎないプランにしましょう。帰りも同じです。 ポイント6 リフト券付きプランは中身もチェック! たとえばニセコ・アンヌプリのリフト券付きプランではニセコ・アンヌプリゲレンデのみ使用可のリフト券が付いてくることが多いです。 でも、ニセコの醍醐味は三山全てを滑ること。となると、アンヌプリゲレンデのリフト券だけでは楽しみ半減です。「リフト券付き」はお得なのでオススメですが、よく内容を確かめてから決めましょう。 ポイント7 格安レンタルに要注意! ツアーの中にはレンタルスノボ・スキーのサービスを付けているものもあります。格安ツアーでは、レンタルは現地ではなく、新千歳空港で行われることがあります。 この場合、もし現地で板やシューズが合わなかったり、不具合が生じても調整できなかったりします。もしものことを考えると、初心者は格安レンタルは避け、現地レンタルの方が良いかもしれません。
ルスツ

北海道の女子旅向けスキー場の選び方

北海道スキー・スノボといっても、北海道は広く、たくさんのスキー場ゲレンデがあります。とはいえ、本州から訪れるのに便利で、人気のある場所となると限られます。 ここでは、女子旅で楽しみやすい代表的な北海道のスノーリゾートを紹介しましょう。 ニセコ ニセコは、北海道最大のスキーエリアです。雪質は世界的にも最高水準と評価され、アジア各地やオーストラリアから多数のスキーヤーが訪れる国際的なゲレンデです。ニセコは3つのエリアに分けられています。 ニセコグラン・ヒラフ ニセコの中心的ゲレンデで、北海道を代表するスキー場。山麓にリゾート集落があり、アフターの飲食店も豊富。最近は外国人のほうが多く、日本ではないみたいな場所。 ニセコアンヌプリ 斜度の緩やかな初・中級者向けゲレンデ。ニセコのなかでは日本人が多いエリア。山麓の「ニセコノーザンリゾート」に泊まると、ちょっとリッチなスノーリゾートが満喫できます。 ニセコビレッジ 急斜面の長距離滑走の楽しめる上級者向けゲレンデ。山麓には「ヒルトンニセコビレッジ」があり、外国人が非常に多いリゾートホテルとして知られています。「ホテル内はもはや外国」と言う人も。 ルスツ ルスツは、北海道最大規模の総合スノーリゾートです。初・中・上級者がいずれも満足できるバランスの良いゲレンデは高い評価があります。スキー・スノボの腕前が違うグループで行くにはおすすめです。リゾートとして良く、まとまっていて、全体に清潔で女子にも使いやすいのもポイントです。 キロロ キロロは、北海道のなかでも豪雪エリアにあるスキー場で、雪質と雪量には定評があります。スキー場の規模はニセコやルスツより小さいですが、ゲレンデはよくまとまっていて、斜面構成にも定評があります。積雪量が多いため、早い時期から滑れます。12月や4月に滑るならキロロが一番でしょう。 トマム トマムは、新千歳空港からのアクセスが優れたスキー場です。空港からバスで1時間ととても便利。星野リゾートの運営で、リゾートの質に定評があります。 どちらかというと、ファミリーをターゲットにしているスノーリゾートです。清潔で近代的な施設は、女子旅にも向いています。 ゲレンデは広いもののやや冗長で、中級以上の腕前の人だと飽きやすいと言われます。初級者向けゲレンデは豊富で、練習には最適です。 サホロ サホロは、新千歳空港からのアクセスが良好で、晴天率の高いゲレンデとして知られています。雪質も良く、初心者でも滑れる最長3000メートルの長距離コースが名物です。 リゾートの規模は大きくありませんが、コンパクトで穴場感があります。 富良野 富良野は、旭川空港から近いスキー場です。北海道中央部に位置し、雪質の高さは世界屈指とも。プリンスホテル系で、リゾートの質がしっかりしていることもメリット。 富良野の町でアフターを楽しむことも可能。女性にとても人気のあるスノーリゾート地です。 女子のための北海道スキー場の選び方 北海道にはほかにも多数のスキー場がありますが、本州から行くのなら、上記の6つのうちのどこかがいいでしょう。 では、これらの6つのうち、どう選んだらいいのでしょうか? それは、以下のポイントを参考にしてみましょう。 ・国際的スノーリゾートを楽しみたいならニセコ。 ・グループで出かけるときに、腕前に差があるならルスツ。 ・初心者や、1泊しか時間のない人はトマム。 ・シーズン始めとシーズン終わりならキロロ。 ・晴天にこだわるならサホロ。 ・アフターを楽しみたいなら富良野。 ぜひ、自分にぴったりのスノーリゾートを探し当ててください!
ニセコ

北海道のスキー場と本州と何が違うの?

スノーリゾートのシーズン、一度は体験してみたいのは、憧れのパウダースノーの北海道。 本州でしか滑ったことのない人が北海道に行くと、「マジで人生観が変わる」というくらいの衝撃を受けます。そのくらい滑りやすい雪質で、「本州の5割り増しで上手に滑れる」というのもウソではありません。 気になるお値段も、LCCやパッケージツアーを使えば、お安くいけます。航空運賃が下がっている今こそ、北海道スキーデビューに最適かも!? 以下では、まず、北海道のスノボ・スキー場が本州とどう違うかを教えちゃいます! 北海道のスキー場のメリット 1 圧倒的な雪質の違い 「北海道でスキーをすると巧くなった気になる」とは多くの経験者が語る言葉。雪質がよく気温が低いため、エッジが食い込みやすく、ターンが容易になるそうです。そのため、誰でも気持ちよく滑れます。 2 ゲレンデが広くて人が少ない とにかくゲレンデが広大。そして利用者は少ないので、ストレスなく滑れます。初心者も人にぶつかる心配が少なく安心。リフト待ちもほとんどありません。土日や三連休でも、気が遠くなるような混雑にはなりません。 3 豊かなコースバリエーション たとえばニセコでは、1日かけても全てのコースを滑りきることは困難。それほどゲレンデは広大です。ニセコほどではないにしろ、どのスキー場もコースが多く、飽きさせません。 4 自分のペースで練習ができる 広くて人の少ないゲレンデで、コースバリエーションも豊富。そのため、自分の技量に合わせて、自分のペースで好きなだけ練習ができます。そのためどんどん上達します。 5 食事が安くて美味しい ゲレンデの食事も本州に比べれば安価。アフターで町の居酒屋に行けば、激安で超美味しい北海道グルメを堪能できます。 と、ここまで北海道のスノボ・スキー場ゲレンデの良い点を挙げました。でも、きちんと悪い点も挙げておきます。旅行会社が決して言わない、本音の残念情報も、「女子旅jp」ではきちんと書きます。 北海道のスノボ・スキー場のデメリット 6 とにかく遠い 北海道の玄関口である新千歳空港近くにはスノボ・スキー場はなく、最も近いマウントレースイでもバスで1時間はかかります。ルスツやニセコならバスで2~3時間。東京や大阪からの飛行機のフライト時間を含めると、羽田から5~6時間もかかります。この遠さはやはり難点です。 7 ガラガラすぎて怖い 有名なゲレンデでも、人気のないコースでは自分の視界に人が全くいないこともあります。週末はそこまでガラガラになることは稀ですが、平日は本州では考えられないくらい人が少ないことがあり、女子の場合は怖くなることも。 8 吹雪いたらとても滑れない 本州でも吹雪いたら滑れないことは同じですが、北海道では吹雪の確率は結構高いです。また、吹雪の強さもハンパなく、恐怖を感じることもあります。 9 寒すぎる 寒いからこそ雪質がいいのですが、寒すぎてつらい、という意見もないではありません。時期によりますが、ゲレンデでは氷点下20度くらいになることもあります。滑っていると空気が顔に当たって痛さを感じることも。しっかり厚着をするのはもちろん、フェイスマスクなども必要になります。 10 常に最高の雪質とは限らない 北海道とはいえ、時期によって雪質は変わります。1月2月は高い雪質のことが多いですが、3月になると天候に左右されます。また、季節外れの雨が降ると、ゲレンデがぐちゃぐちゃになることだってあります。全体的に、本州よりは良い、というに過ぎません。 11 ゲレンデ近くに集落がない 北海道ではリゾート滞在型のスノボ・スキー場が多く、近くにゲレンデの近くに集落はあまりありません。そのため、アフタースキーで近くの居酒屋に行ったり、町で遊んだりはしにくいです。 12 レンタカーを運転しにくい 新千歳空港でレンタカーを借りるプランもあり、借りること自体は簡単です。ただし、北海道の雪道の運転は初心者にはお勧めできません。 「札幌後泊」を活用しよう! このように、北海道スノボ・スキーの大きなデメリットは、天候を除けばアフターに関することです。そのため、北海道のスキーツアーのプランでは「札幌後泊」というオプションが付いていることが多いです。最後の1泊を札幌に宿泊するコースです。 こうしたオプションを使えば、札幌でアフターをまとめて楽しめます。ツアー全体の長さが3泊以上の場合は、1泊を札幌にするのもいいでしょう。2泊しかしないのなら、札幌オプションはつけないほうがよいでしょう。
知床五湖

知床を女子一人旅で自由に歩く!【その2モデルルート編】

>>「知床を女子一人旅で、自由に歩く!【その1基礎知識編】」の続きです。 知床へは、首都圏や関西圏からなら2泊3日で訪れることができます。東京発の場合、羽田を始発便で出れば、お昼には知床に着けます。意外と近いでしょ? ここでは、首都圏から知床を訪れる際のモデルルートをご紹介。知床に一番近い女満別空港を使うルートです。 知床一人旅モデルルート(東京発2泊3日) ■ゆき 羽田06:55→(JAL)→08:35女満別空港 女満別空港09:15→(バス)→11:26ウトロ温泉ターミナル <<知床を2泊3日で堪能!>> 知床五湖、知床自然センター(フレペの滝)、カムイワッカ湯の滝、知床遊覧船、国後島展望台(羅臼)などなど。 ■かえり ウトロ温泉ターミナル17:40→(バス)→19:45女満別空港 女満別空港20:25→(JAL)→22:20羽田空港 ※時刻は変わることがあります。 知床の宿 知床では、半島西側にあるウトロという集落の近辺に宿を取るのが一般的です。 ウトロには多数のホテルや民宿があります。秘境感あふれる場所に泊まりたい方は、ウトロから少し離れた岩尾別に泊まるといいでしょう。 一人旅向けの宿 一人旅なら、知床の大自然のなかにある岩尾別ユースホステルはいかがでしょうか。本州では絶対に味わえないような森の中の宿。男女別相部屋なので、旅仲間も見つけやすい宿です。シーカヤックなどのツアーにも一人参加できます。 知床岩尾別ユースホステル また、ウトロ町の中心部に近い宿としては、ボンズホームがおすすめ。男女別相部屋で、一人旅でも寂しくありません。 ボンズホーム  →「知床を女子一人旅で自由に歩く!【その3予算編】」に続きます。
知床五湖

知床を女子一人旅で、自由に歩く!【その1基礎知識編】

世界遺産の知床は、一度は行ってみたい場所です。 大自然のなかを歩いてみると、身も心も癒されますよ! 知床は首都圏や関西圏から2泊3日あれば行くことができます。 2人以上のグループ旅行も楽しいですし、一人旅でも大丈夫です。レンタカーがあれば便利ですが、公共交通機関だけで行くことも不可能ではありません。 ここでは、知床半島を一人で自由に旅行する方法を伝授しましょう! 知床ってどこにあるの? 知床とは、北海道東部にある「知床半島」のことを指します。北海道のなかでも大自然が残されている秘境エリアです。 知床半島は西海岸に「ウトロ」(斜里町)というエリアがあり、東海岸に「羅臼」(羅臼町)というエリアがあります。ウトロへのアクセスは女満別空港から、羅臼へのアクセスは中標津空港か釧路空港からです。 ウトロへと羅臼の間には知床峠があります。知床峠は、冬期は積雪のため通行できません。 知床半島の突端にある知床岬へは道路が通じていません。知床岬を見る場合は、ウトロから遊覧船に乗ります。 知床のみどころ では、知床のみどころをご覧ください! 知床五湖 知床で行ってみたいところナンバー・ワン! 美しい森と湖を見ながらトレッキング! フレペの滝 原野の中をゆっくりお散歩して、海に落ちる滝を見よう! カムイワッカ湯の滝 滝壺が温泉になっている秘湯中の秘湯。これ、お湯なんです! 知床半島遊覧船 知床半島の大自然を海から堪能! 国後島の眺め 知床からこんなに近いのに、ロシア人が暮らしている島。  →「知床を女子一人旅で自由に歩く!【その2モデルルート編】」に続きます。

Recent Posts