キャリーバッグ

女子旅に使うバッグと小物たち

>>「女子旅のスキンケアとメイク用品」からの続きです。 バッグは何にするか、も悩みどころですが、これはキャリーカート(キャリーケース)がベストでしょう。小さめのスーツケースに、車輪が付いているものです。「コロコロ」なんて言ったりします。 国内旅行で電車や飛行機に乗るのなら、コロコロを使えばまず間違いはありません。荷物がとっても軽い人は、デイパックでもいいでしょう。 海外旅行の場合もコロコロでOKですが、発展途上国で移動の長い旅をする場合は、バックパックのほうが便利な場合もあります。 エコバッグがあると便利 帰りがけにお土産品を買いすぎたとき、エコバッグは威力を発揮。 最近は、スーパーでレジ袋が有料の場合も多いので、むしろ必需品になりつつあります。 洗濯できないときにファブリーズ レストランで服がにおいが付いてしまうことはよくあること。旅先だと洗濯できなかったりします。そのときに、ファブリーズがあると重宝します。 旅行用の小さい霧吹きに詰め替えて持っていきましょう。 万能に役立つヴァセリン リップクリーム、ハンドクリーム、ボディークリーム、ヘアワックスとこれ1つでOKです。 日本はもちろん、世界中で買えますので、どこへ行っても大丈夫です。 サプリメント 旅行中はビタミン不足になりやすいので、サプリメントは必須です。 マルチビタミンを持っていきましょう。 ジップロックはとっても便利 薬を小分けしたり、漏れそうな液体ものを入れたり、コマゴマとしたものをまとめたりするのにとっても便利。 サイズの違うものをいくつか使い分けましょう。 空気枕 バスや飛行機で使うととてもラク。100円均一ショップで売っているもので十分です。 セームタオル 速乾性のタオルがセームタオル。バスタオルはかさばりますので、セームタオルのほうが小さく軽くて便利です。 乾きやすいので、生乾きのイヤなにおいを引きずることもありません。 ストール 防寒、膝かけ、日よけ、おしゃれと大活躍。薄手のものを1枚持っていくといいでしょう。 洗濯ネット コインランドリーなどで洗濯するときに、自分の洗濯ネットを使うと、なんとなく気分的に清潔感があります。浮き球式のくずとりネットも持っていくと気分が違います。 衣類圧縮袋 あるとないとでは、荷物の量が全然違います。圧縮袋は、値段により性能は結構違いますので、100円均一よりは、旅行用品店などできちんとしたものを購入した方が良いでしょう。 意外に重要なタコ足コンセント カメラ、パソコン、ipod、携帯などと、最近は旅先で充電するものが増えました。けれど、ホテルのコンセントは1つしかなかったりすることもあります。同行者がいると、コンセントの奪い合い、なんてことにもなったりします。 そこで便利なのがタコ足コンセント。短いコード付きのものを持っていけば、場所を選ばずにプラグを増やすことができます。 海外旅行の場合も同様ですが、海外では日本の普通のタコ足は使えないから注意! 海外電圧対応のタコ足が旅行用品店で販売されていますので、それを持っていきましょう。 かつては、電化製品の必需品というと、「変圧器」を挙げる人が多いのですが、実は最近の電化製品は海外対応になっているものが多く、変圧器は必需品ではありません。 ミニ懐中電灯 旅先で夜中にちょっと目が覚めたとき、ミニ懐中電灯があると便利。夜にトイレ行くときや、夜行バスの中でも使えます。  →「旅に持っていかなくてよいもの」に続きます。
メイク

女子旅のスキンケアとメイク用品

>>「女子旅で服は何を持っていく?」からの続きです。 旅行中のスキンケア用品も悩むところです。 これはもう、普段使っているものを持っていくのが悩まないのでいいでしょう。 もし、何か一つあげるとすれば、ドクターシーラボです。化粧水、乳液、美容液、化粧下地が1つにおさまりますので、かさばりません。また、肌トラブルの予防には最適です。 旅先でもメイクは女子のマナー? 旅をしていればどんな出会いがあるかわかりません。そういうことを抜きにしても、メイクはやっぱり女子のマナー、という意見が多数。 なので、旅先といえども普段通りのメイクはしたいもの。けれど、誰とどこに行くか、によってその重要度はちょっと変わってきます。 日焼け止めは忘れずに 忘れる人はあんまりいないと思いますが、日焼け止めはスキンケアの基本です。旅に出ると、普段の生活ではありえないくらいに太陽光線を浴びます。 なので、これは普段よりちょっといいものを持っていく気持ちでいいでしょう。乾燥している時期やエリアに行くのなら、ボディークリームも忘れずに。 ヘアケアという難題 ヘアケアは結構難題です。シャンプーはかさばりますし、重たいですよね。 でも、シャンプーこそは、普段使っているものを使いたい、という人も多いのではないでしょうか。そういう人は、小分けのボトルを購入して、普段使っているものを入れる、というのがオーソドックスな案でしょう。 あるいは、「リンスインシャンプーにする」というのも、一つの解決策。 ドライヤーは持っていかない ドライヤー類も悩むところですが、これは「ドライヤー付きの宿にしか泊まらない」という方法で解決できます。 日本国内なら、よほどの安宿でない限りドライヤーはありますし、旅館やホテルに予約するときに確認しておけば大丈夫です。 海外でも、一流半くらいのホテルなら普通はドライヤーは置いてあります。  →「女子旅に使うバッグと小物たち」に続きます。
女子旅

女子旅で服は何を持っていく?

>>「女子旅で荷物は何を持っていく?」からの続きです。 旅の荷物の半分くらいは服です。なので、荷物を多くするか少なくするか、というのは「服をたくさん持っていくか、少なめにするか」という問題と言い換えられます。 旅の日程の長さによるのですが、3泊以上の旅なら、途中で洗濯をするつもりにしたほうがいいでしょう。旅の日程に、洗濯のできる宿をいれておくことで、荷物を少なくできます。 そうしないと、洗濯物をずーと抱えながら旅することになってしまいます。 服の選び方 旅に持っていく服は、まずは「動きやすい」というのが最大のポイントです。 次に「洗濯して乾きやすい」ことも大事です。 また、予備的な服を持っていく場合は「最悪、捨ててもよい」というものを入れると、荷物が多すぎるときに気が楽になります。 旅先で服を買う 旅先で服を買うのも、実は楽しいもの。ショッピングの時間があるくらいの余裕のある日程の場合に限りますが、買い物は旅の楽しみですから。 Tシャツくらいなら、途中で買うつもりで、少なめに荷物を持っていくのもいいかも知れません。 防寒着とかレインウェアとか 持っていく服を考えるとき「寒かったら」とか「雨が降ったら」とか考えがちです。とくに乗り物のなかは寒いですよね。 なので、防寒対策は大事ですし、雨が降ったときのレインウェアもあると便利。 でも、だからといって過剰に荷物を持っていくのも大変です。 防寒にはなるべく重ね着で対応し、雨が降ったら雨宿りをする!くらいの気持ちでいて、あんまり荷物が多くならないようにしたほうがいいでしょう。 旅先でもおしゃれを! 旅行中は、いろいろ制約があるので、普段通りのおしゃれをするのはちょっと難しいもの でも、旅先でもおしゃれを楽しむつもりのほうが、旅は楽しくなります。 どこでどんな出会いがあるかもしれませんし!  →「女子旅のスキンケアとメイク用品」に続きます。
荷物

女子旅で荷物は何を持っていく?

旅の荷物って悩みますよね。旅のスタイルは人それぞれだし、必要な道具も違うので、人から「これは持ってけ!」って言われたものが、自分的には無用な長物だったりして。 そういう問題はあるけれど、やっぱりいろんな意見を聞いてみたいもの。ということで、ここでは女子の旅行の荷物に関するアイデアをまとめてみました。 じっくり読んで、自分に必要なものをチョイスしてみてください。当たり前ですが、ここで紹介するもの全部持っていけ~!ってわけじゃないですよ。念のため。 旅の荷物は多め? 少なめ? まず、最初の問題は、どのくらいの荷物を持っていくか、ということ。多めに持っていくか、少なめに絞るか、ということです。 これは、「お気に入りのものはなるべくたくさん持っていく」という人もいれば、「荷物を少なくした方がラク」という人もいるので、どちらが正解、ということはありません。クルマで行くなら荷物量をあまり気にする必要はありませんが、電車でいくなら少なめに、という意見もあるでしょう。 とりあえず持っていく!という手も 出発の前には「あれもこれも必要かしら」と悩むもの。そういうときは、とりあえず持っていってみる、というのも手です。 何度か旅をすれば、だんだん何が必要で何が不要かがわかってきます。それで、どんどん取捨選択していけばいいのです。 少なめに持っていって、「必要だったら現地で買う」という考え方もあります。とはいえ、短い旅の間ですし、自宅にあるものを現地で買うのはもったいない、という気もします。ただ、消耗品ならそれもいいでしょう。 部屋にある「いつか使おう」的なものを探す 自分の部屋を見渡してみれば、「いつか使おう」と思っていた化粧品のサンプルとかはありませんか? サンプルって、もらったはいいけれど、ついつい「何かのときに使うまでとっとこう」となりがちなもの。 旅はそんな「何かのとき」にはいい機会です。そういうものをたくさん持っていけば、部屋は片づくし、旅の途中で使い捨てできるし、一石二鳥ですね。  →「女子旅で服は何を持っていく?」に続きます。

Recent Posts