友が島

友が島の島内散策モデルルート【友が島その2】

>>「友が島の女子旅。ラピュタの世界を巡る!【友が島その1】」から続きます。 大阪湾の沖、紀淡海峡に浮かぶ無人島・友が島。和歌山市の加太港から船で20分、いよいよ上陸です。 「天空の城ラピュタ」を彷彿とさせる無人島を、ゆっくり散策しましょう。 友が島散策のモデルルート いよいよ、友が島散策開始です。 まずは第2砲台へ 友が島に渡ったら、まずは西にある第2砲台を目指しましょう。 規模も大きく、美しい砲台です。 砲台の後ろに回り込むと、紀淡海峡とその先の淡路島が望めます。 友が島灯台 明治時代にできた友が島灯台です。 池尻キャンプ場 お弁当を持ってきたら、お昼に最適な場所です。緑の絨毯と、小さな池がきれい! 友が島のてっぺんを目指せ! 友が島のてっぺんは標高119m。池尻キャンプ場から、山頂まではちょっとしたハイキングです。友が島散策で一番シンドイところですが、がんばれ! タカノス山展望台 友が島の最高標高地、てっぺんがここタカノス山です。大阪湾が一望できるきれいな広場です。記念撮影に持ってこい! 第3砲台 タカノス山の近くにあるのが、第3砲台。古い煉瓦の要塞のトンネルを歩くこともできます。ちょっと怖いですが、探検家気分に! 弾薬支所 そして、友が島のハイライトが弾薬支所。友ヶ島で一番有名な風景でしょう。煉瓦の建物のなかから、本当にラピュタの巨神兵が出てきそう! のんびり回ったら、船で加太港に戻ります。  →「女子のための友が島日帰り旅行の準備【友が島その3】」に続きます。
友が島

友が島の女子旅。ラピュタの世界を巡る!【友が島その1】

友が島は、大阪湾の沖、紀淡海峡に浮かぶ無人島。最近、女子のあいだで人気が高まってきています。 旧日本軍の要塞跡が廃墟として残っていて、その姿が「天空の城ラピュタ」を彷彿とさせるから、とか。和歌山市から船も出て行て、誰でも気軽に訪れることができます。 和歌山と淡路島の間に位置する友が島は、景色のいい島としても知られています。 ここでは、関西の「ラピュタ島」友が島への一日トリップをご紹介! 友が島へ出発! 南海電車で加太駅へ 大阪・難波などから南海電車に乗り、和歌山市駅または紀ノ川駅で南海加太線に乗り換えます。南海加太線の終点、加太駅で降ります。加太駅は、小さいながらもレトロ感あふれる駅です。 駅のトイレは男女共用なので、できれば違う場所で済ませておきましょう。 そぞろ歩きで加太港へ 加太駅から、渡船の出る加太港までは、徒歩15分ほど。 途中の道はわかりにくいので、駅で案内図をもらっておきましょう。 船のチケットをゲット 友が島へは、友が島汽船という渡船で渡ります。 加太港に着いたら、すぐに友が島汽船の乗り場へ行き、船のチケットを買いましょう。 船は1日4~6便程度です。それほど本数は多くありません。週末は満席になりやすいので、早めにいって、早めにチケットをゲットするのが鉄則です。 11時以降の船は混みやすいので、できれば10時までの船に乗れるように港に来るといいでしょう。 平日は便数が減り、火・水は運休します。火曜日と水曜日は友が島には渡れません! 加太港には駐車場もありますので、クルマで来ることもできます。駐車料金はかかります。 友が島到着! 加太港から船に乗ると、20分ほどで沖ノ島の野奈浦桟橋に到着します。いよいよ、友が島に上陸です!  →「友が島の島内散策モデルルート【友が島その2】」に続きます。

Recent Posts