友が島

友が島の島内散策モデルルート【友が島その2】

>>「友が島の女子旅。ラピュタの世界を巡る!【友が島その1】」から続きます。 大阪湾の沖、紀淡海峡に浮かぶ無人島・友が島。和歌山市の加太港から船で20分、いよいよ上陸です。 「天空の城ラピュタ」を彷彿とさせる無人島を、ゆっくり散策しましょう。 友が島散策のモデルルート いよいよ、友が島散策開始です。 まずは第2砲台へ 友が島に渡ったら、まずは西にある第2砲台を目指しましょう。 規模も大きく、美しい砲台です。 砲台の後ろに回り込むと、紀淡海峡とその先の淡路島が望めます。 友が島灯台 明治時代にできた友が島灯台です。 池尻キャンプ場 お弁当を持ってきたら、お昼に最適な場所です。緑の絨毯と、小さな池がきれい! 友が島のてっぺんを目指せ! 友が島のてっぺんは標高119m。池尻キャンプ場から、山頂まではちょっとしたハイキングです。友が島散策で一番シンドイところですが、がんばれ! タカノス山展望台 友が島の最高標高地、てっぺんがここタカノス山です。大阪湾が一望できるきれいな広場です。記念撮影に持ってこい! 第3砲台 タカノス山の近くにあるのが、第3砲台。古い煉瓦の要塞のトンネルを歩くこともできます。ちょっと怖いですが、探検家気分に! 弾薬支所 そして、友が島のハイライトが弾薬支所。友ヶ島で一番有名な風景でしょう。煉瓦の建物のなかから、本当にラピュタの巨神兵が出てきそう! のんびり回ったら、船で加太港に戻ります。  →「女子のための友が島日帰り旅行の準備【友が島その3】」に続きます。
友が島

友が島の女子旅。ラピュタの世界を巡る!【友が島その1】

友が島は、大阪湾の沖、紀淡海峡に浮かぶ無人島。最近、女子のあいだで人気が高まってきています。 旧日本軍の要塞跡が廃墟として残っていて、その姿が「天空の城ラピュタ」を彷彿とさせるから、とか。和歌山市から船も出て行て、誰でも気軽に訪れることができます。 和歌山と淡路島の間に位置する友が島は、景色のいい島としても知られています。 ここでは、関西の「ラピュタ島」友が島への一日トリップをご紹介! 友が島へ出発! 南海電車で加太駅へ 大阪・難波などから南海電車に乗り、和歌山市駅または紀ノ川駅で南海加太線に乗り換えます。南海加太線の終点、加太駅で降ります。加太駅は、小さいながらもレトロ感あふれる駅です。 駅のトイレは男女共用なので、できれば違う場所で済ませておきましょう。 そぞろ歩きで加太港へ 加太駅から、渡船の出る加太港までは、徒歩15分ほど。 途中の道はわかりにくいので、駅で案内図をもらっておきましょう。 船のチケットをゲット 友が島へは、友が島汽船という渡船で渡ります。 加太港に着いたら、すぐに友が島汽船の乗り場へ行き、船のチケットを買いましょう。 船は1日4~6便程度です。それほど本数は多くありません。週末は満席になりやすいので、早めにいって、早めにチケットをゲットするのが鉄則です。 11時以降の船は混みやすいので、できれば10時までの船に乗れるように港に来るといいでしょう。 平日は便数が減り、火・水は運休します。火曜日と水曜日は友が島には渡れません! 加太港には駐車場もありますので、クルマで来ることもできます。駐車料金はかかります。 友が島到着! 加太港から船に乗ると、20分ほどで沖ノ島の野奈浦桟橋に到着します。いよいよ、友が島に上陸です!  →「友が島の島内散策モデルルート【友が島その2】」に続きます。
屋久島

屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その7予算編】

屋久島へ旅の予算はさまざまです。安いツアーの場合、東京から3泊4日で4万円くらいから設定されています。一方、自力で手配すれば7~8万円かかることもあります。往復に飛行機を使うか、船を使うかでも異なります。 ここでは、屋久島・縄文杉登山にかかる費用をご説明しましょう。 安いツアーと高いツアーの差とは? 上述したように、安いツアーだと、東京から3泊4日で4万円くらいで屋久島旅行ができます。ただし、値段が安いツアーに含まれているのは鹿児島までの飛行機と、鹿児島~屋久島間の高速艇、民宿の代金だけで、途中のバスなどは全部自腹、というケースが多いです。 逆に、20万円を超える高いツアーですと、屋久島まで飛行機、空港からの出迎えも全部含まれていたりします。ツアーに含まれている内容をよく確かめてください。 標準的なのは、3泊4日で高速艇を使い民宿に泊まるプラン。こうしたツアーは8~10万円くらいが平均的なところ。現地ではそれほどお金はかかりません。トータルで12~15万円くらいあれば、十分な旅行ができます。 屋久島の格安ツアー 自分で予約したら? 激安を追求したい!という人は、自分で全部予約してみましょう。 東京や大阪から鹿児島までの航空運賃は、早期割引運賃で往復3万円ほど。鹿児島空港から鹿児島港までのバス代が往復約3000円。屋久島までのフェリーは往復で14000円。交通費は全部で往復5万円ほどです。 民宿に泊まると、一泊最低3000円ほどですので、3泊で9000円。 合計すると、3泊4日の行程が6万円程度(食事別)となります。自分で手配した場合は、このくらいが最低価格です。 大阪からなら、鹿児島まで高速バスなどを使うという手もあります。そうすればもう少し安く行けます。東京から鹿児島までは高速バスはありません。 現地では、バス代と食事代がかかります。バス代は結構高いので要注意。複数で行くならレンタカーもバスもそれほど変わらない場合もあります。宿で登山口までの送迎をしてくれる場合などは、それを活用すれば安くなります。 いずれにしろ、週末などにかかる旅行なら、東京や大阪から3泊で10万円くらいが標準的な予算と考えましょう。現地をホテル泊にすれば、15万円くらいが標準的です。 屋久島の地図とガイドブック 屋久島・縄文杉は本格的な山登りですから、地図かガイドブックのどちらかは必ず持っていきましょう。 定番の地図は山と高原地図のシリーズです。見やすいデザインで、登山者必携です。 山と高原地図 59.屋久島 宮之浦岳 初心者の入門書としては、こちらも好評です。 はじめる山あるき屋久島 (山と高原地図) 屋久島の最新情報のハンドブックはこちら。毎年刊行されますので、最新版をどうぞ。
屋久杉

屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その6コツ編】

縄文杉登山は、10時間の長丁場。1日に22kmも歩くのですから、不安もありますよね。でも、しっかり準備しておけば、不安も解消します。 また、山登りには、さまざまな「コツ」や「常識」があります。みんなが気持ちよく登るための「マナー」もあります。一通り頭に入れておくといいでしょう。 宿は安房地区に泊まるのがベスト! 縄文杉登山をするのなら、登山口に一番近い安房地区に泊まるのが便利。 屋久島最大の集落は宮之浦に泊まる人も多いですが、宮之浦からですと、登山バスの発着地・屋久杉自然館まで30分以上かかります。安房なら10分です。 ただし、ツアーの場合は宿を選べないこともあります。 レンタカーなどで「なる早」を目指す! 縄文杉登山バスの拠点となる屋久杉自然館へは、路線バスで行くこともできます。ただ、路線バスだと出発がやや遅くなりますし、大勢が一度に登山バスに殺到しますので混雑します。 そのため、できるならレンタカーで屋久杉自然館まで行くのがベター。路線バスが到着する前の登山バスに乗れば、比較的空いているうちに縄文杉にたどり着けます。 前日に天気予報をチェック 雨の中の登山はつらいもの。日程に余裕があるなら、天気予報を見て、天候の安定している日に登りましょう。台風が来るのに無理して登る、なんてことは絶対にしないように! 登り始めはゆっくり歩く 山登りに慣れていない人は、最初から飛ばしかち。けれど、縄文杉登山は10時間の長丁場。しかも最初は歩きにくいトロッコ道です。ですから、登り始めから最初の50分は、体を慣らすためにごくゆっくり歩きます。 50分以内に小杉谷に着きますので、そこで短い休息をはさみ、それ以降は50分歩いたら10分の休憩をはさみます。つまり、1時間のうち、10分が休憩です。 トイレ計画もしっかりと 荒川登山口から縄文杉までの間には、トイレは2か所あります。行きと帰りに2か所ずつ通りますので、計4回通ることになります。登山中は汗もかくので、4回全部にトイレに寄る必要はありませんが、自分の体調にあわせて用を済ませましょう。 とくに、往路の大株歩道のトイレを出ると、縄文杉に行って帰ってくるまで約5時間もトイレがありません。往路の大株歩道トイレは立ち寄り必須です。念のため、携帯トイレも持っていくと安心です。 水分はこまめに補給! 歩くと汗をかき、体から水分が失われるます。そのため、山登り中は水分補給が大切です。ペットボトルの水で水分補給を欠かさないようにしましょう。 飲むときは、1度に多くの量を摂るのではなく、休憩ごとに、ひと口かふた口にしておきます。のどが渇いたと思ったら、歩きながら、こまめに補給します。水場は途中に何カ所もありますので、水を多量に持っていく必要はありません。 甘い物と塩分も摂りながら歩こう! 昼食のお弁当のほかに、甘い物をおやつとして持っていくといいでしょう。チョコレート、キャラメル、あんぱんなどです。 こうした甘い物は、疲労軽減と体力回復に役立ちます。汗をかくと塩分も失われますので、塩気のあるものも持っていくと良いでしょう。 急坂と階段の登り方、下り方 縄文杉登山の後半では、急坂や階段が連続して続きます。そういう場所では、とくにゆっくり歩くように心がけます。急いで登るとすぐに息が切れて疲れてしまいます。 急坂や階段での下りも、ゆっくりと。帰りのバスの時間を気にして急いで下りる人も多いのですが、下りで急ぐと、膝や足首に負担がかかりますし、転倒の危険もあります。 歩幅を小さくして、膝や足首に衝撃がかからなよう静かに足をおきます。靴底をなるべく地面にフラットに置くと、転倒しにくくなります。 マナーを守って気持ちよく 山登りにはマナーがあります。ゴミを捨てない、植物を採らない、道以外の場所へ踏み込まない、タバコのポイ捨てをしない、といった基本的なルールは、必ず守ってください。 また、登山者同士がすれ違うときは、登ってくる登山者優先です。道が狭いときは、下りの登山者が道をゆずることが基本です。後ろに早く歩きたい人がいたら道をゆずる、というのもマナー。追い抜きたいときは、「抜きます」などと一声かけましょう。そうすることで、お互いが気持ちよく歩けます。 ピークシーズンの縄文杉はとても混雑しますので、お互い譲り合いましょう。 登山者がすれ違うときは、「こんにちは」などと軽く挨拶するのもマナー。でも、縄文杉の場合は、あまりに人が多すぎて、「いちいち挨拶してられません!」という声も聞きます。なので、「挨拶マナー」は、そこそこでもかまいません。 →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その7予算編】」に続きます。
屋久島

屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その5準備編】

屋久島は観光地ですが、縄文杉は登山です。1日で10時間も歩くのですから、十分な準備が必要です。 ちなみに、荒川登山口の標高は600m。縄文杉の標高は1280mですから、約680mを登ることに。680mといえば、それなりの登山です。 トロッコ道は歩きにくい部分が多いですし、その先は本格的な山道です。山ですので気温が低いですし、屋久島は雨が多いことでも知られています。季節によっては、朝晩の暗いときに歩かないといけません。こうしたことを頭に入れて、しっかり準備しましょう。 屋久島・縄文杉登山の準備 縄文杉まで行くのなら、軽登山の装備は必要です。登山の経験がない人は、登山用品の専門店に行ってみましょう。女性向けの登山用品を揃える店も増えています。 →女性用登山用品店 屋久島に行きたい! と定員さんに伝えれば、基本的な装備を教えてくれます。現地でレンタルしているお店もありますので、縄文杉以外には登山をしない! というのならレンタルで済ませるのも手でしょう。 登山用品のレンタルショップは屋久島にありますので、着いてから借りることも可能。あわただしいと思うなら、自宅近所で借りておくのもいいでしょう。 どんな服装がいい? 歩きやすい服装が第一。スポーツ用のジャージなどでもOKです。ジーンズなど締め付けるパンツは避けたほうがいいでしょう。ちょっとゆるめの服のほうが歩きやすいです。 また、足首まで覆う軽登山靴を使いましょう。スニーカーでも行けますが、捻挫などをしやすいので注意。 雨具を忘れずに! 屋久島の天気がとても変わりやすいうえに、雨がとっても多いので、どんなに天気予報が良くても雨具は必ず持っていきましょう。 オススメは、上下セパレート式のレインウェアです。登山用品店などで売っています。少し高いですが、普段の生活でも使えますので、これを機会に買ってみるといいでしょう。 ポンチョや傘は使いにくいので、縄文杉登山ではNG。白谷雲水峡を少し歩く程度なら、それでも大丈夫です。 お弁当は前日までに予約を! 縄文杉登山の途中には、朝と昼の二回、お弁当を食べます。宿で用意してくれることもありますし、早朝にピックアップできるお弁当屋さんもあります。その場合は、前日までに予約しておきましょう。 地図・ガイドブックを持っていこう! ほぼ一本道の縄文杉登山ですが、とにかく長いので「自分は今どのへんにいるの?」と不安になることも。そのため、なるべく地図を持って歩きましょう。 地図を持っていれば、自分がいまどこにいて、どのあたりにいるのかがわかります。とくに、ガイドツアーに入らずに個人で登る場合は、地図か詳細なガイドブックのどちらかは必ず持っていきましょう。 定番の屋久島地図は、「山と高原地図 59.屋久島 宮之浦岳」です。  →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その6コツ編】」に続きます。
白谷雲水峡

屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その4島めぐり編】

屋久島の魅力は縄文杉だけではありません。白谷雲水峡をはじめとする亜熱帯の森や、野生の猿、おいしいグルメなど、たくさんの魅力が。 縄文杉だけで帰ってしまうのはもったいない! ここでは、縄文杉登山が予定通り終わったあとの、屋久島めぐりをご紹介。 3日目は白谷雲水峡へ! 屋久島の神髄といえる森が白谷雲水峡。森の中を歩くと、屋久島の大自然を実感! 「もののけ姫」のモデルにもなったと言われる苔の森もあります。 最後は、太鼓岩まで昇ると、登頂のヨロコビがあります! グルメも楽しみ! 屋久島の名物といえばトビウオ。いろんな食べ方がありますが、おすすめは唐揚げです。 宮之浦の食事処「潮騒」のトビウオ唐揚げ 時間があれば屋久島1周も面白い! 時間があれば、屋久島をぐるりと一周するのもアリ。1周約8時間、時間はかかりますが、屋久島を満喫できます。 野生のサルに出会えたり、 迫力のある滝を眺めたり、 きれいなビーチを楽しめたりしますよ!  →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その5準備編】」に続きます。
屋久島ウィルソン株

屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その3登山編】

いよいよ、屋久島・縄文杉登山当日です。朝は5時出発なので、4時起床がデフォ。宿の場所によっては、もっと早い時間に起きなければならないこともあります。 早起きがんばれ! 午前5時出発!屋久杉自然館へ 安房を午前5時頃に出るバスに乗り、屋久杉自然館へ。 さらに5時30分発の登山バスに乗り継いで、6時10分に荒川登山口到着。ここで朝食のお弁当を食べて、トイレを済ませ、いよいよ出発! トロッコ道をひたすら歩く いよいよ縄文杉へ向けて出発! 片道5時間、往復10時間以上の登山コースです。まずは、森林軌道の線路(トロッコ道)を歩きます。 途中、ちょっと怖い橋もあります。 ひたすら歩くこと2時間半で、大株歩道入口着。ここには大きなトイレがあります。 本格的な山道を進め! 大株歩道から先は本格的な登山道。距離は短いですが、一番つらい時間かも。でも、途中でいろんな屋久杉や動物にも出会えて、屋久島を堪能できることもあるよ! 途中のウィルソン株は、ハート形の切り株で有名! 縄文杉到着! 登山口から約5時間!やっと着いた~! 癒されます♪ 近くでお弁当Time! お弁当は宿で用意してくれることもありますし、自分で予約して朝ピックアップしてくることもできます。 ひたすら歩いて、また登山口に! 往路と同じ道を5時間かけて下ります。 途中の川で水浴び。気持ちいい! 往復で10時間かけて、やっと登山口に戻りました。  →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その4島めぐり編】」に続きます。
屋久島への飛行機

屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その2出発編】

屋久島までは飛行機や船に乗らなければなりませんし、縄文杉まではは登山口から往復10時間以上を歩かないといけません。それだけに、たどりついて縄文杉を仰ぎ見たときは表現できないくらいの超感動! ぜひ味わってほしいものです。 ということで、縄文杉を訪れる女性の数は急上昇中。登山者の過半数は女性です。しかも、10時間日帰りという日程なので、若くないとムリ! という声もあり。一日でも若いうちに、ぜひ行っておくといいでしょう。そう、今日のあなたはこれからの人生で一番若い! 屋久島・縄文杉登山モデルプラン 以下では、屋久島へのモデルプランをご紹介します。屋久島へは、ツアーで行く人が多いと思いますが、以下のモデルプランもツアー選びの参考になるように書いてあります。 鹿児島から飛行機か高速艇で! 屋久島の玄関口は、鹿児島です。鹿児島から屋久島へは、飛行機、高速艇(船)、フェリーの3つがあります。お手頃で早い高速艇が人気ですが、乗り継ぎが便利な飛行機もラク!  実際には、高速艇を使う人が多く、次が飛行機です。飛行機は小型のプロペラ機! 安房の民宿に泊まる! 屋久島にはいくつかの集落がありますが、縄文杉登山をするのなら、安房(あんぼう)という集落に泊まるのがベスト。なぜなら、登山口に近いので、朝の出発時間を遅めにできるからです。 安房の民宿のオススメはココ! 「民宿 トロッコの宿」。新しくて格安です。 お弁当の予約をして、午後7時に就寝! 1日目の夕方早めに安房に着ければ、2日目に縄文杉登山にチャレンジできます。早めに宿について食事を済ませ、午後7時過ぎには寝たいところ。 翌日のお弁当の予約も忘れずに! 宿で用意してくれるならそれでいいですし、そうでない場合は、お弁当屋さんに注文しておきましょう。  →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その3登山編】」に続きます。
屋久島縄文杉

屋久島・縄文杉へ女子一人で登る方法【その1基礎知識編】

「屋久島、一度は行ってみたいんだよね~♪」と思っている女子、いませんか? 東京や大阪からはちょっと遠いし、二の足を踏んでいる人も多そうです。 でも、最近は交通も便利になり、訪れるのはそれほど大変な場所ではありません。 「実は行きたい」と思っている人は多いので、声をかければ仲間集めもわりとカンタン。 でも、同行者が見つからないこともあるでしょうし、日程が合わないこともあるでしょう。その場合は、1人で参加できる登山ツアーもありますし、女子の1人登山でもそれほどキケンはありません。 ここでは、屋久島・縄文杉へ女子が一人で登る方法をご紹介しましょう。 5分でわかる縄文杉登山の基礎知識 まずは、屋久島・縄文杉登山の基礎の基礎をお教えしましょう。 どうやって行くの? 屋久島は九州の南、鹿児島県の離島です。鹿児島市から高速艇で2~3時間かかります。飛行機なら、鹿児島空港から40分くらいです。 東京からの場合、飛行機を乗り継いで最短で3時間。たとえば、羽田を6時20分の飛行機に乗れば、鹿児島空港で乗り継いで、9時10分に屋久島空港に着くことができます。 安いツアーですと、鹿児島-屋久島は高速艇を使うことが多いです。その場合は、羽田を6時20分の飛行機に乗れば、鹿児島港からの高速艇を利用して、13時20分に屋久島の安房港に着くことができます。所要7時間です。 ツアーもある? 旅行会社の屋久島ツアーはたくさんありますし、縄文杉までガイド付きで連れて行ってくれるツアーもあります。 屋久島ツアーに強いのは、オリオンツアーです。屋久島のツアーのシェアの過半数はオリオンツアーというウワサもあるほどです。 縄文杉までツアーで行けるの? 旅行会社のパッケージツアーには、「縄文杉までのガイドが含まれている場合」「オプショナルツアーになっている場合」「ツアーに全く含まれていない場合」があります。ツアー選びの時によく確認してください。 ツアーに縄文杉が含まれてなくても、現地で個人で登ることは可能です。安く行くなら、縄文杉までのガイドが含まれないプランで往復の足と宿だけを押さえて、自力で縄文杉に行くのがベスト。登山ガイドが含まれているツアーは価格が高いです。 全部で何日かかるの? 縄文杉に行く場合は、東京・大阪発着で最低3泊4日というのが標準的な旅行日程です。2泊3日でも不可能ではないですが、縄文杉に行って帰ってくるだけの旅になってしまいます。4泊5日あれば、縄文杉、白谷雲水峡、屋久島一周を堪能できます。 ベストシーズンはいつ? 縄文杉の登山シーズンは3月~10月まで。ただ、日が短い時期は明るいうちに登って下りてくることができませんので、日が長い時期がおすすめです。春分の日より後、秋分日より前。4月から8月までがいいでしょう。 登山に許可やガイドさんは必要? 縄文杉に登るのに許可は不要ですし、ガイドさんもいなくても大丈夫です。下調べをきちんとしておけば、ほとんど迷うことのない道です。ただ、登山初心者や単独行の場合は、現地発着のガイドツアーや、旅行会社のオプショナルツアーに入るのもいいでしょう。  →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その2出発編】」に続きます。
おがさわら丸

小笠原旅行の予算とガイドブック【小笠原3】

「小笠原諸島・女子旅のコツ」の続きです。 小笠原諸島への旅行のおおまかな予算をご案内しましょう。 小笠原諸島へ行くには、「おがさわら丸」に乗る必要があります。でも、おがさわら丸には割引運賃はあまりありません。 格安旅行を目指すなら、小笠原海運のフリープランである「おがまるパック」を利用すると良いでしょう。往復の船+宿泊がセットになったものです。激安ではありませんが、個別に予約するよりは安くなります。 小笠原旅行の予算(交通費・宿泊費) 普通に予約した場合の予算は、以下の通りです。 おがさわら丸往復 46,420円(2等) 母島往復 8,000円 民宿3泊 12,000円(素泊まり) スノーケルレッスン 5,000円 1日ボートツアー 8,000円 ナイトツアー 3,000円 レンタバイク 2,000円   合計  84,420円(2等利用) ※船の運賃には、別途燃油サーチャージがかかることがあります。往復2000円~4000円程度はみておいてください。 ※ツアー代、宿泊費などは目安です。 小笠原旅行のガイドブック 小笠原旅行のガイドブックは多くありませんが、最近少しずつ増えてきています。 詳しいのは、「地球の歩き方」。 おなじみ、「るるぶ」もあります。 正統派ガイドとしては、「ブルーガイドてくてく歩き」がおすすめです。
小笠原の海

小笠原諸島・女子旅のコツ【小笠原2】

「小笠原諸島へ女子が旅する方法」の続きです。 小笠原諸島は本土から遠く離れているため、行くのに費用も時間もかかります。そのため、旅をするには綿密な計画を立てる必要があります。とくに、船と宿の予約は、きちんと調べたうえで事前にしっかり押さえておきましょう。 その1 おがさわら丸の日程を調べて、出発日を決める! まずは往復の足となるおがさわら丸の日程を調べます。最近は6日に1便の運航です。それにあわせて、出発日と帰宅日を決めます。 その2 小笠原の宿を予約! 父島・母島の宿は限られます。先に宿を確保します。ツアーの場合は、旅行会社が宿とおがさわら丸の予約を同時にしてくれますので、お任せしましょう。 小笠原諸島の宿 その3 宿泊の基本は民宿。ドミトリーもあり! 島の宿泊は民宿が基本。ホテルも1軒だけありますが、交通不便なのであまりおすすめしません。「民宿」といっても、個室タイプのプチホテルから、共同部屋のドミトリータイプまでさまざまです。キッチンの付いている宿もあります。 その4 おがさわら丸を予約! 宿が確保できたら、おがさわら丸を予約します。狙い目は「2等寝台」ですが、人気があるので売り切れやすいです。予約はお早めに。チケットは、JTBなどの旅行代理店や、コンビニの端末で購入できます。(ネット販売はほとんど非対応です)。 その5 現地ガイドツアー、アクティビティを予約! 小笠原をとことん楽しむには、ツアーやアクティビティに参加することです。上記に紹介したツアーのほかにも、さまざまなガイドツアーなどがあります。自分の好みに合わせて参加してみることをおすすめします。 ツアーは、現地でも予約できますから、天候などを勘案して、着いてから予約してもかまいません。ただし、ゴールデンウィークやお盆などのピークシーズンだと、人気のツアー(ホエールウォッチングなど)は、着いてから予約しても満員で参加できない可能性が高いです。 ですから、ピークシーズンは、おがさわら丸の予約が終わったら、すぐに現地ツアーを予約しましょう。 その6 おがさわら丸は船旅を楽しむつもりで! 片道24時間もかかる船旅。つらいと思ったらつまらないので、楽しむつもりで乗りましょう。2等に乗る場合は、乗船時に女子同士でまとまって乗ると、大広間でも隣同士になれます。おじさま方の隣がイヤな人は、女子同士で固まって行列しましょう。 その7 着いたら自分のペースで! 島に着いてからは、忙しく着いたその日にツアーに参加する人もいれば、のんびり過ごす人もいます。自分のペースで楽しみましょう。 その8 島にはスーパーもあり! 父島には数軒の商店・スーパーがあり、観光客が必要なものはほぼ手に入ります。しかし、コンビニはありませんので、夜に必要なものなどは、着いたら買っておきましょう。夜、お店が閉まるのは早いです。母島には小さな商店が2軒ほどあります。 その9 グルメのバリエーションは豊富! 父島には20数軒の飲食店があります。なので、短期滞在時にはごはんに困ることはありません。居酒屋は地元の人の利用も多いので、お友達になるにはもってこいの場所です。 その10 おみやげは島はちみつとパッションフルーツを! 小笠原には、残念ながらあまり「名産」と呼べるものは少ないです。そのなかで人気が「島はちみつ」「パッションフルーツ」など。これらは数が限られますので、欲しい方はお早めに。 その11 スケジュールは余裕を持って! 島での滞在期間中、スケジュールをびっちり埋めてしまうのもいいですが、問題は天候です。アウトドアが楽しい島ですので、雨が降ると楽しさ半減。ですので、余裕を持ったスケジュールにして、雨の日はのんびり過ごすのも一つの方法です。 「小笠原諸島の予算とガイドブック」に続きます。
小笠原諸島

小笠原諸島へ女子が旅行する方法【小笠原1】

世界遺産に指定されて注目度急上昇の小笠原諸島。小笠原村は、実は30代の独身女性一人旅がとても多いそうです。大人の女性がハマってしまう魅力があるんですね。 あまり知られていませんが、小笠原村は日本で最も「若者が多い市町村」で、住民の平均年齢は39歳です。しかも、女性が37%、男性63%と、女性が圧倒的に足りません! 要するに、「日本で一番、若い男が余っている島」なんです! ……ってことはおいといても、小笠原はとっても魅力的な場所。一度は行きたい憧れの島ですね。 小笠原諸島へは、交通が不便なのが悩みの種。飛行機はなく、週1便程度のフェリーに乗るしかありません。そのため、旅行には最低1週間はかかります。 でも、それを乗り越えて、ぜひ小笠原諸島には行ってほしいです。ということで、女子旅モデルプランを作ってみました! 6泊7日小笠原の旅 小笠原諸島の主島は父島です。東京と父島の間には「おがさわら丸」という船が就航しています。2016年7月に、新造船の就航となりました! 小笠原諸島への旅は、この「おがさわら丸」に乗らなければなりませせん。運航はおおむね6日に1日。そのため、小笠原旅行は6泊7日が最低限の旅行日程になります。 以下では、「おがさわら丸」を使ったモデルプランをご紹介。 小笠原旅行モデルプラン 1日目 おがさわら丸で出発 「おがさわら丸」の出発地は、東京の竹芝桟橋です。「ゆりかもめ」の竹芝駅から歩けます。 父島までの所要時間は25時間30分です。でも、海が荒れたりすると、もっと時間がかかることも。 2等船室~♪ 新おがさわら丸には、2等から特等まで、6つの船室クラスがあります。おすすめは「特2等寝台」か「2等寝台」。どちらもベッドがあって、快適に旅をできます。 2等和室は、広間に雑魚寝で、まわりはおじさんばかりだったりするので、女子旅にはちょっとつらいかも。でも激安ですよ! 2日目、父島港に到着! 25時間半の長い旅を終えて、ようやく父島港に到着です。港には、各宿からお出迎えがありますので、予約しておいた宿の迎えのクルマ乗りましょう。 ホテルへGO! 小笠原の宿は豊富。でも、必ず訪島前に予約しておきましょう。二人以上なら民宿やペンションがおすすめ。この「父島ビューホテル」は、港から近いし便利!(ホテルといってもペンションですが……)。 父島ビューホテル 一人旅なら、「小笠原ユースホステル」や「パパヤマリンスポーツ」がおすすめ。相部屋ですが、島旅では1人部屋より相部屋のほうが楽しいもの。フレンドリーな旅人が多いので、すぐに一緒に行動できる仲間が見つかるよ! スノーケルレッスン! 食事をすませたら、午後は、スノーケルレッスンへ! 潜り方のコツを教えてくれるので、ドルフィンスイムでイルカと泳ごう!って思っている人は必須! そうでないひとは、着いた午後はのんびりお散歩でいいかもです。 父島をお散歩! 父島の中心部を散歩してみましょう。小さな島なのに、意外と賑やか! 元気! な感じがするのは、きっと若い人が多いから。スーパーは二軒だけ。船の着いた日はにぎわうので、のぞいてみては? 夕陽を見よう! 日が傾いたら、ウェザーステーションへ夕日を見に行く!晴れた日には、水平線に沈む美しい夕陽が見られるよ! 夕食は居酒屋で! 父島は小さな町ですが、食事処は結構豊富です! まずは、名物の島寿司に挑戦! 夜は、ナイトツアー! 星空、グリーンぺぺ・オガサワラオオコウモリを探す旅に!  3日目は、ボートツアーへ! ドルフィンスイムとホエールウォッチングなどがセットになった1日ボートツアーに参加! イルカと泳いで、クジラを見よう!  イルカとクジラを見られるかは運次第ですが、シュノーケリングはできます。きれいな海の中が、写真では伝わらないのが残念です。 さらに、無人島に上陸。気分はロビンソンクルーソー!? でも、昔は人が住んでいたんですって! 4日目は、母島へ行ってみる! 父島よりもさらに沖にある、東京都最南端の島、母島へ! ははじま丸に乗って、2時間。遠くに来たなあ!って感じになれます。 母島では、現地ツアーに参加してみましょう。父島とはひと味違ったい大自然に味わえます。 5日目は、さらなる島内観光へ! 父島に戻り、最終日は、午前中にレンタルバイクかレンタカーで島内めぐりをしてみては! 取材中はあいにくの雨でしたが、雨の小笠原も、ジャングルっぽくてよかったです。 お土産を買おう! 最終日でなくてもいいのですが、お土産は必須! 島はちみつ、パッションフルーツなどが大人気! いよいよ出発 5日目14:00の船で帰ります。ボートがたくさんお見送りをしてくれますよ! 6日目15:30に東京着です。 アクティビティはもっとある! ここに載せた意外にも、エコツアーのトレッキングや、ダイビング、シーカヤックなど、さまざまなアクティビティがあります。自然好きにはたまらないですよ!  定員は限られていますので、ゴールデンウィークや夏休みなどの繁忙期には、絶対に予約しておきましょう。 スケジュールまとめ 1日目      東京(竹芝桟橋)     午前     ↓    (おがさわら丸)     ↓ 2日目     午前     父島港     ↓    (徒歩または送迎車)     ↓     民宿、ユースホステル     【父島滞在】     ・父島散策     ・スノーケルレッスン     ・ナイトツアー 3日目     【父島滞在】     ・1日ボートツアー 4日目     父島港     7時30分     ↓    (ははじま丸)     ↓     9時40分     母島港【母島・半日ツアー】     14時00分     ↓    (ははじま丸)     ↓     16時10分     父島港 5日目      【午前中・父島バイク探索】     父島港     午後     ↓    (おがさわら丸)     ↓ 6日目     午後     東京・竹芝桟橋      ※時刻は変わることがあります。出発時には、ご自分でお確かめください。 小笠原諸島・女子旅のコツへ続きます。

Recent Posts