サンライズ出雲

縁結び寝台特急で、出雲大社の旅へ!【その4準備編】

寝台特急「サンライズ出雲」を使った出雲大社旅行のモデルプラン・その4です。 ここでは、「サンライズ出雲」の上手な利用法や、旅の予算など、旅の準備についてご案内しましょう。 寝台特急「サンライズ出雲」の利用法 寝台列車に乗ったことがない!という人も多いでしょうが。大丈夫。日本の寝台列車は清潔で安全です。なかでも「サンライズ出雲」は、車両も比較的新しく、近代的です。 「サンライズ出雲」は人気のある列車ですから、チケットを早めに確保することを心がけましょう。 その1 個室を選ぶ! 「サンライズ出雲」には、いくつかの寝台車の種類があります。 おすすめは「シングル」。1人用の個室でカギがかかりますし、荷物もまあまあ置けます。 少し節約したいなら「ソロ」。これも1人用の個室ですが、やや狭いです。シングルとの料金差は1000円ほどです。 「シングル」「ソロ」のどちらも1階と2階がありますが、できれば2階を取りましょう。そのほうが、線路の「がたん」という揺れが少ないです。 東京~出雲市までの片道で、サンライズ出雲のシングルの料金は、総額で22,790円で、ソロの場合は21,710円です。 その2 JRの窓口などでチケットを購入! 個室が決まったら、サンライズ出雲のチケット(寝台券)を取ります。出発日の1ヶ月前から発売されます。すぐに売り切れることはあまりありませんが、金曜日の夜出発の列車に乗るのなら、混雑しやすいので早めに確保しておくことをおすすめします。 きっぷは、全国のJRの窓口やJTBなどの旅行会社で購入することができます。 その3 当日は、食べ物は準備しておこう 「サンライズ出雲」には、食堂車もカフェも売店もありません。夜は10時発と遅いので、食事は済ませていると思いますが、翌朝は9時58分の出雲市到着まで、食べるものを買うことはできません。 ひもじい思いをしないために、朝食用のパンと、ペットボトルくらいは用意しておきましょう。 東京駅で駅弁を買っておくのもいいかも! 東京駅「駅弁屋 祭」の30品目バランス弁当 その4 車内に電源はひとつだけ 個室にはコンセントが一つしかありません。複数の充電をする人は、電源タップ(タコ足)を持っていくと便利です。 予算 往路はJRの「サンライズ出雲」のシングル、復路はANAの特割を利用するとして、予算をシミュレーションしてみましょう。 現地の移動は「縁結びパーフェクトチケット」を利用します。 今回の旅一畑電鉄、一畑バスは、すべてこのチケットで乗車できます。出雲市駅の観光案内所で購入できます。 旅費総額(交通費・宿泊費) サンライズ出雲(東京~出雲市・シングル利用):22,790円 縁結びパーフェクトチケット:3,000円 境線乗車券(境港~米子空港):190円 ANA(米子空港~羽田空港・特割利用):24,290円 宿泊費(ヤングイン松江):2,600円 合計 52,870円 ちょっと高い!という人は、往復どちらかを高速バスにするといいでしょう。 東京-出雲・松江への高速バス このあと、出雲旅行のスケジュールとガイドブックをチェック!  →縁結び寝台特急で、出雲大社の旅へ!【その5まとめ編】に続きます。
水木しげるロード

縁結び寝台特急で、出雲大社の旅へ!【その3鬼太郎編】

寝台特急「サンライズ出雲」を使った出雲大社旅行のモデルプラン・その3です。 出雲大社参拝を終わり、松江に宿泊します。松江は山陰の中心都市で、古くからの城下町です。 翌日は、松江から鬼太郎の街境港へ散策にでかけてみましょう。 松江から鬼太郎の町・境港をめぐるモデルルート 2日目の夜は松江に泊まり、島根のグルメを味わいます。3日目は朝から水木しげるの町として知られる境港へ向かい、ゲゲゲの鬼太郎の世界を楽しみましょう。 松江は、松江城で有名。時間があれば行ってみましょう! 松江に泊まってグルメを堪能! 一畑電鉄の終点で松江に着いて、今日はそこで宿泊! リーズナブルなホテルも多いので、予算に合わせて泊まりましょう。 お友達同士なら、「松江しんじ湖温泉 てんてん手毬」などの女性向けの温泉宿がおすすめ。 一人旅なら、「ヤングイン松江」といった、1人でも寂しくない宿がおすすめです。 ヤングイン松江は、ちょっと古くさいですがシングルで2,400円~と激安で、旅人同士の交流も期待できるかも! 一畑電鉄の松江しんじ湖温泉駅から歩けます。 松江での夕食は、島根名物の「鯛めし」や「しじみ」など。お店は豊富にあります。 鬼太郎の町へゴー! 翌朝は、げげげの鬼太郎でおなじみの、境港へ。松江から境港へは、直行バスがあります。 境港の水木しげるロードは、ゆっくりお散歩。博物館では、マンガも読めます! お昼は海鮮をたっぷり! 水木しげるロード周辺には、海の幸グルメのお店がいっぱい! お好きな店で日本海の海の幸を楽しみましょう! 米子空港から飛行機で帰京! 境港からは、JR境線で米子空港駅まで20分ほど。 米子空港からは、羽田までANAでひとっ飛びです! このあと、かしこい旅の方法を解説!  →縁結び寝台特急で、出雲大社の旅へ!【その4準備編】に続きます。
出雲大社

縁結び寝台特急で、出雲大社の旅へ!【その2参拝編】

寝台特急「サンライズ出雲」を使った出雲大社旅行のモデルプラン・その2です。 出雲市に午前中に到着後、いよいよ出雲大社へ向かいます。 出雲大社から松江を回るモデルルート 2日目の朝、「サンライズ出雲」で出雲市に到着。そこからバスで出雲大社へ参拝。その後、パワースポットをめぐりをして、松江に泊まるルートです。 バスで出雲大社へ! 出雲市駅前から「日御碕行き」バスに乗って出雲大社へ。30分ほどで出雲大社に到着します。 いよいよ、出雲大社参拝! しっかりお祈りして、ご縁をゲット! 参拝時間は人それぞれですが、だいたいバスで到着してから1時間あれば大丈夫! 出雲そばも食べよう! お昼ごはんは、境内近くにある出雲そばのお店へ。コシがあって、おいしい出雲ならではのお蕎麦です。 さらなるパワーを求めて、日御碕神社へ 出雲大社からさらにバスに乗り、日御碕神社へ。ここは、知る人ぞしるパワースポット。素盞嗚尊(すさのおのみこと)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)という強力な神様をお祀りしています。 「厄除け」「産び」「縁結び、夫婦円満、家運繁栄」などのご利益をお祈りしましょう! RAILWSYSのローカル電車で松江へ 出雲大社駅から一畑電鉄というローカル電車に乗ります。これは、映画「RAILWAYS」の舞台にもなった、なつかしさいっぱいの電車で、鉄子には大人気! (写真:しまね観光ナビより) 位置バタン電鉄で、終点松江着。この日は松江に泊まります。 このあと、鬼太郎の町・境港へ向かいます!  →縁結び寝台特急で、出雲大社の旅へ!【その3鬼太郎編】へ続きます。
サンライズ出雲

縁結び寝台特急で、出雲大社の旅へ!【その1出発編】

女子旅で一番人気の旅先といえば、パワースポット。なかでも出雲大社は縁結びの神様として知られ、超人気です。 東京から出雲大社へは、交通がやや不便なのが悩みの種。そこで、いま人気なのが、寝台特急です。「サンライズ出雲」という出雲市まで直行の寝台特急が毎日運転されていて、これに夜乗れば、翌朝早くに出雲市に着き、そのままバスで出雲大社に直行できます。 そんな便利さと、「寝台特急」というロマンティックさが受けて、今、女子に密かな人気が出ているのです。 ここでは、縁結び特急「サンライズ出雲」を使った出雲大社の旅の、モデルプランと旅行法をお伝えします。 2泊3日出雲大社旅行モデルプラン 東京を夜10時に出発して、2泊3日で帰ってくる旅のプランです。金曜日の夜に出発すれば、日曜夜に帰れます。 サンライズ出雲で出発 1日目22時(午後10時)に、サンライズ出雲は東京駅を出発します。車内販売などはありませんので、食事は済ませておきましょう。明日の朝ごはんも、東京駅の「エキナカ」でゲットしておきます 寝台車~♪ サンライズ出雲の寝台は、基本的に全部個室。今回は、スタンダードな「シングル」を選びました。カギもかかって安心! トイレと洗面所、シャワーは共同です。 出雲市駅に到着! 翌朝9時58分に出雲市着。終点なので、乗り過ごしの心配もなし! このあと、出雲大社へいよいよ到着します!  →縁結び寝台特急で、出雲大社の旅へ!【その2参拝編】へ続きます。

Recent Posts