ガーラ湯沢で女子1人の日帰りスキー・スノボ!【その1基礎知識編】

最近のスキー・スノボ人気の復活で、1人でスノボ・スキーをする人が増えてきました。こういう人たちを「ヒトリスト」というそうです。

とくにヒトリストの利用者が急増しているのが「GALA湯沢(ガーラ湯沢)」。女子の1人スノボーダ・スキーヤーにも人気です。

ガーラ湯沢

なぜ、ガーラは女子ヒトリストにも人気なのでしょうか。その秘密はアクセスの良さと日帰り施設の充実、そして手頃な価格です。

ガーラ湯沢で、女子1人スキー・スノボをする方法をご紹介しましょう。

PR

ガーラ湯沢って?

ガーラ湯沢は、新潟県の越後湯沢にあるスキー場です。東京駅から新幹線で最短1時間17分、ガーラ湯沢駅で降りるとそこがスキーセンター。新幹線駅とスキー場が直結しているのは、全国でもココだけです

手早く準備すれば東京駅を出て2時間もかからずにゲレンデで滑ることができます。夕方も17時までたっぷり滑っても、20時には都内に帰れます。この利便性が、ガーラ湯沢の最大のメリットです。

ガーラ湯沢

なぜガーラ湯沢は女子1人に向いているの?

ガーラ湯沢は、日帰り向けのスキー場です。そのため更衣室やロッカーが充実していて、清潔で、女子に評判がいいのです。日帰りスパもありますので、帰る前にお湯に浸かって身支度することも可能。宿泊客のいないスキー場だからこそ、日帰りの施設がこれだけ充実しているのです。

また、新幹線のわりに料金は手頃で、「びゅう」のパックを使えば往復の電車賃とリフト券代をあわせても1万円以下で楽しめます。1人でも申し込めますし、ツアーにありがちな1人参加の割り増し料金はかかりません。

こうした「便利、きれい、安い」の3拍子揃ったことが、ガーラ湯沢の魅力なのです。

では、ガーラ湯沢に女子一人で出かけた場合、賢い楽しみ方をお教えしましょう。

チケットは「びゅう」で購入

往復の新幹線チケットとリフト券はJR東日本の旅行会社「びゅう」で購入します。「びゅう」にはガーラ湯沢までの往復新幹線チケットとリフト券がセットになった旅行商品(パック)が豊富にあります。

代表的なのが「ワンデーGALA」で、価格は8000円~13000円くらい。女性の場合は、月・金に限り「レディースGALA」というプランもあり、往復の新幹線チケット、リフト券、SPAガーラの湯、デザート(アイスクリームまたはクレープ)がセットになって10,000円~14,000円くらいです。

ガーラ湯沢へのツアーは「びゅうプラザ」という店頭で購入できます。店頭購入の場合は当日まで販売していますので、突然行きたくなっても大丈夫。

また、インターネットでも購入できます。インターネットの場合はJR東日本の「えきねっと」で購入できます。インターネット限定の激安プランもあります。

びゅうJRで行く国内ツアー|えきねっと

 →「ガーラ湯沢で女子1人の日帰りスキー・スノボ!【その2当日編】」に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする