小笠原諸島

小笠原諸島へ女子が旅行する方法【小笠原1】

世界遺産に指定されて注目度急上昇の小笠原諸島。小笠原村は、実は30代の独身女性一人旅がとても多いそうです。大人の女性がハマってしまう魅力があるんですね。 あまり知られていませんが、小笠原村は日本で最も「若者が多い市町村」で、住民の平均年齢は39歳です。しかも、女性が37%、男性63%と、女性が圧倒的に足りません! 要するに、「日本で一番、若い男が余っている島」なんです! ……ってことはおいといても、小笠原はとっても魅力的な場所。一度は行きたい憧れの島ですね。 小笠原諸島へは、交通が不便なのが悩みの種。飛行機はなく、週1便程度のフェリーに乗るしかありません。そのため、旅行には最低1週間はかかります。 でも、それを乗り越えて、ぜひ小笠原諸島には行ってほしいです。ということで、女子旅モデルプランを作ってみました! 6泊7日小笠原の旅 小笠原諸島の主島は父島です。東京と父島の間には「おがさわら丸」という船が就航しています。2016年7月に、新造船の就航となりました! 小笠原諸島への旅は、この「おがさわら丸」に乗らなければなりませせん。運航はおおむね6日に1日。そのため、小笠原旅行は6泊7日が最低限の旅行日程になります。 以下では、「おがさわら丸」を使ったモデルプランをご紹介。 小笠原旅行モデルプラン 1日目 おがさわら丸で出発 「おがさわら丸」の出発地は、東京の竹芝桟橋です。「ゆりかもめ」の竹芝駅から歩けます。 父島までの所要時間は25時間30分です。でも、海が荒れたりすると、もっと時間がかかることも。 2等船室~♪ 新おがさわら丸には、2等から特等まで、6つの船室クラスがあります。おすすめは「特2等寝台」か「2等寝台」。どちらもベッドがあって、快適に旅をできます。 2等和室は、広間に雑魚寝で、まわりはおじさんばかりだったりするので、女子旅にはちょっとつらいかも。でも激安ですよ! 2日目、父島港に到着! 25時間半の長い旅を終えて、ようやく父島港に到着です。港には、各宿からお出迎えがありますので、予約しておいた宿の迎えのクルマ乗りましょう。 ホテルへGO! 小笠原の宿は豊富。でも、必ず訪島前に予約しておきましょう。二人以上なら民宿やペンションがおすすめ。この「父島ビューホテル」は、港から近いし便利!(ホテルといってもペンションですが……)。 父島ビューホテル 一人旅なら、「小笠原ユースホステル」や「パパヤマリンスポーツ」がおすすめ。相部屋ですが、島旅では1人部屋より相部屋のほうが楽しいもの。フレンドリーな旅人が多いので、すぐに一緒に行動できる仲間が見つかるよ! スノーケルレッスン! 食事をすませたら、午後は、スノーケルレッスンへ! 潜り方のコツを教えてくれるので、ドルフィンスイムでイルカと泳ごう!って思っている人は必須! そうでないひとは、着いた午後はのんびりお散歩でいいかもです。 父島をお散歩! 父島の中心部を散歩してみましょう。小さな島なのに、意外と賑やか! 元気! な感じがするのは、きっと若い人が多いから。スーパーは二軒だけ。船の着いた日はにぎわうので、のぞいてみては? 夕陽を見よう! 日が傾いたら、ウェザーステーションへ夕日を見に行く!晴れた日には、水平線に沈む美しい夕陽が見られるよ! 夕食は居酒屋で! 父島は小さな町ですが、食事処は結構豊富です! まずは、名物の島寿司に挑戦! 夜は、ナイトツアー! 星空、グリーンぺぺ・オガサワラオオコウモリを探す旅に!  3日目は、ボートツアーへ! ドルフィンスイムとホエールウォッチングなどがセットになった1日ボートツアーに参加! イルカと泳いで、クジラを見よう!  イルカとクジラを見られるかは運次第ですが、シュノーケリングはできます。きれいな海の中が、写真では伝わらないのが残念です。 さらに、無人島に上陸。気分はロビンソンクルーソー!? でも、昔は人が住んでいたんですって! 4日目は、母島へ行ってみる! 父島よりもさらに沖にある、東京都最南端の島、母島へ! ははじま丸に乗って、2時間。遠くに来たなあ!って感じになれます。 母島では、現地ツアーに参加してみましょう。父島とはひと味違ったい大自然に味わえます。 5日目は、さらなる島内観光へ! 父島に戻り、最終日は、午前中にレンタルバイクかレンタカーで島内めぐりをしてみては! 取材中はあいにくの雨でしたが、雨の小笠原も、ジャングルっぽくてよかったです。 お土産を買おう! 最終日でなくてもいいのですが、お土産は必須! 島はちみつ、パッションフルーツなどが大人気! いよいよ出発 5日目14:00の船で帰ります。ボートがたくさんお見送りをしてくれますよ! 6日目15:30に東京着です。 アクティビティはもっとある! ここに載せた意外にも、エコツアーのトレッキングや、ダイビング、シーカヤックなど、さまざまなアクティビティがあります。自然好きにはたまらないですよ!  定員は限られていますので、ゴールデンウィークや夏休みなどの繁忙期には、絶対に予約しておきましょう。 スケジュールまとめ 1日目      東京(竹芝桟橋)     午前     ↓    (おがさわら丸)     ↓ 2日目     午前     父島港     ↓    (徒歩または送迎車)     ↓     民宿、ユースホステル     【父島滞在】     ・父島散策     ・スノーケルレッスン     ・ナイトツアー 3日目     【父島滞在】     ・1日ボートツアー 4日目     父島港     7時30分     ↓    (ははじま丸)     ↓     9時40分     母島港【母島・半日ツアー】     14時00分     ↓    (ははじま丸)     ↓     16時10分     父島港 5日目      【午前中・父島バイク探索】     父島港     午後     ↓    (おがさわら丸)     ↓ 6日目     午後     東京・竹芝桟橋      ※時刻は変わることがあります。出発時には、ご自分でお確かめください。 小笠原諸島・女子旅のコツへ続きます。

Recent Posts