マルセイユ

マルセイユでリゾート気分!【フランスその4】

>>「リュベロンの小さな村をドライブ!【フランスその3】」から続きます。 一生に一度は行ってみたい場所の一つ、南仏プロヴァンスをお手軽にめぐる旅・その4です。南仏の中心都市・マルセイユを、アヴィニョンから日帰りで訪れます。 マルセイユでは、有名なブイヤベースがお目当て。そして、地中海をプチクルーズしてみましょ! アヴィニョンから日帰りで訪れる! 南仏の中心都市といえば、マルセイユ。アヴィニョンを拠点に、日帰りで出かけてみましょう。TGVを使えば、アヴィニョンから30分あまりで到着できます。 まずは、中心部にある旧港。リゾート感いっぱい! ボートで沖の島へクルージング! ボートトリップで沖の島・イル島へいってみましょう! プロヴァンスの陽光が迎えてくれます。 ブイヤベースにチャレンジ! ごはんは、もちろんブイヤベースも楽しめます。 ブイヤベースの名店FonFonへ! http://www.chez-fonfon.com ブイヤベースを食べるには、必ず予約をしましょう。食べられる店は意外と少ないです。 このあと、いよいよ憧れの都パリへ! →「パリの名所を早回り!【フランスその5】」に続きます。
ルシヨン

リュベロンの小さな村をドライブ!【フランスその3】

>>「世界遺産・アヴィニョンを散策!【フランスその2】」から続きます。 一生に一度は行ってみたい場所の一つ、南仏プロヴァンスをお手軽にめぐる旅・その3です。 プロヴァンスのハイライト・リュベロンの小さな村めぐりです。 レンタカーでのんびりと南フランスを堪能しましょう。 日本語カーナビ付きレンタカーでドライブ! リュベロン地方は、南仏プロヴァンスを代表するエリアで、個性的で魅力的な村々がたくさんあふれています。 このエリアへ行くのには、レンタカーが必須。でも、カーナビがあるから安心して。ハーツレンタカーなら、日本語ナビゲーションもありますよ! まずは赤い村・ルシヨンへ! ルシヨンは、アヴィニョンから1時間ほどのドライブで着きます。 この村の近辺でとれる「オークル」の岩の上にたっています。静かな村の中は、オレンジ色です。 サド侯爵の村、ラコスト ルシヨンから南へ30分ほど下ると、かつてサド侯爵が住んでいた村、ラコストに着きます。いまは、ピエール・カルダン氏のお宅などがあります。 「サディズム」の語源となった侯爵の住んでいたお城が、今も残されています。 このお城の中で、あんなことやこんなことが……!? 妄想に疲れたら、カフェで休憩! 眺望が気持ちいい! 幻想的な要塞都市・ゴルド 最後は、要塞都市・ゴルドへ。 リュベロンを代表する城塞都市だそうです。まるで天空の城みたい! 南仏の魅力あふれるリュベロンの村を堪能した一日です。 このあと、南仏の中心都市・マルセイユへ! →「マルセイユでリゾート気分!【フランスその4】」に続きます。
アヴィニョン教皇庁

世界遺産・アヴィニョンを散策!【フランスその2】

>>「南仏プロヴァンスとパリの女子旅【フランスその1】」から続きます。 午前中にアヴィニョンに到着し、いよいよ南仏プロヴァンスの旅がスタート! まずは、アヴィニョンの街を歩きましょう! ローマ教皇が住んでいた宮殿 アヴィニョンは、14世紀に教皇庁があった歴史ある都市。ローマ教皇がこの都市に遷座していたのです。 その当時の教皇庁の建物は今も残されていて、世界遺産に登録されています。 歴史の重みが感じられる建物です。 サン・ベネゼ橋 ローヌ川に架かるサン・ベネゼ橋は、「アヴィニヨンの橋の上で」という童謡で有名です。 橋が途中で切れていますが、氾濫などで崩壊してしまったそうです。 レ・ボー・ド・プロヴァンス 半日でアヴィニョンを見たら、クルマでレ・ボー・ド・プロヴァンスへ。 「フランスでもっとも美しい城塞」といわれている、知る人ぞ知るスポットです。日本人観光客もまだ少ない歴史遺産です。。 疲れたら、ちょっとしたカフェに立ち寄るのもイイ! プロヴァンス名物・牛シチュー 夕食はプロヴァンス名物の牛シチュー。 とろりとした食感が美味しい! このあと、いよいよプロヴァンスのハイライト・リュベロンの村めぐりへ出発! →「リュベロンの小さな村をドライブ!【フランスその3】」に続きます。
マルセイユ

南仏プロヴァンスとパリの女子旅【フランスその1】

一生に一度は行ってみたい場所の一つが南仏プロヴァンス。 「南仏プロヴァンスの12ヶ月」でもおなじみ、世界のセレブもあこがれる場所です。 12ヶ月間住むのは無理!なのは、わかります。はい。 でも、短期の女子旅でも楽しいですよ~♪ じつは、結構お手軽に行けちゃいます。 ここでは、憧れの「南仏」と「パリ」をまとめて楽しむ、お手軽な女子旅をご紹介します。 さあ、パリへ出発! 日本から南フランスへ出発です。 羽田発の深夜便が便利 日本からフランスへ行く方法はさまざまですが、便利なのは、羽田発のエールフランス深夜便。 羽田を22時50分に出て、パリのシャルル・ド・ゴール空港には午前4時30分に到着します。 シャルル・ド・ゴール空港からは、TGVに乗り継いで、プロヴァンスの中心都市アヴィニョンへ!  7時頃のTGVに乗れば、10時半にはアヴィニョンに着くことができちゃいます。 レンタカー~♪ アヴィニョンの駅前でさっそくレンタカーをゲット。プロヴァンス巡りにはレンタカーが欠かせません。 慎重にクルマを運転して、アヴィニョンのホテルにチェックイン! このあと、アヴィニョンの世界遺産めぐり開始! →「世界遺産・アヴィニョンを散策!【フランスその2】」に続きます。

Recent Posts