ホーム 九州 屋久島・縄文杉へ登る

屋久島・縄文杉へ登る

屋久島

屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その5準備編】

屋久島は観光地ですが、縄文杉は登山です。1日で10時間も歩くのですから、十分な準備が必要です。 ちなみに、荒川登山口の標高は600m。縄文杉の標高は1280mですから、約680mを登ることに。680mといえば、それなりの登山です。 トロッコ道は歩きにくい部分が多いですし、その先は本格的な山道です。山ですので気温が低いですし、屋久島は雨が多いことでも知られています。季節によっては、朝晩の暗いときに歩かないといけません。こうしたことを頭に入れて、しっかり準備しましょう。 屋久島・縄文杉登山の準備 縄文杉まで行くのなら、軽登山の装備は必要です。登山の経験がない人は、登山用品の専門店に行ってみましょう。女性向けの登山用品を揃える店も増えています。 →女性用登山用品店 屋久島に行きたい! と定員さんに伝えれば、基本的な装備を教えてくれます。現地でレンタルしているお店もありますので、縄文杉以外には登山をしない! というのならレンタルで済ませるのも手でしょう。 登山用品のレンタルショップは屋久島にありますので、着いてから借りることも可能。あわただしいと思うなら、自宅近所で借りておくのもいいでしょう。 どんな服装がいい? 歩きやすい服装が第一。スポーツ用のジャージなどでもOKです。ジーンズなど締め付けるパンツは避けたほうがいいでしょう。ちょっとゆるめの服のほうが歩きやすいです。 また、足首まで覆う軽登山靴を使いましょう。スニーカーでも行けますが、捻挫などをしやすいので注意。 雨具を忘れずに! 屋久島の天気がとても変わりやすいうえに、雨がとっても多いので、どんなに天気予報が良くても雨具は必ず持っていきましょう。 オススメは、上下セパレート式のレインウェアです。登山用品店などで売っています。少し高いですが、普段の生活でも使えますので、これを機会に買ってみるといいでしょう。 ポンチョや傘は使いにくいので、縄文杉登山ではNG。白谷雲水峡を少し歩く程度なら、それでも大丈夫です。 お弁当は前日までに予約を! 縄文杉登山の途中には、朝と昼の二回、お弁当を食べます。宿で用意してくれることもありますし、早朝にピックアップできるお弁当屋さんもあります。その場合は、前日までに予約しておきましょう。 地図・ガイドブックを持っていこう! ほぼ一本道の縄文杉登山ですが、とにかく長いので「自分は今どのへんにいるの?」と不安になることも。そのため、なるべく地図を持って歩きましょう。 地図を持っていれば、自分がいまどこにいて、どのあたりにいるのかがわかります。とくに、ガイドツアーに入らずに個人で登る場合は、地図か詳細なガイドブックのどちらかは必ず持っていきましょう。 定番の屋久島地図は、「山と高原地図 59.屋久島 宮之浦岳」です。  →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その6コツ編】」に続きます。
白谷雲水峡

屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その4島めぐり編】

屋久島の魅力は縄文杉だけではありません。白谷雲水峡をはじめとする亜熱帯の森や、野生の猿、おいしいグルメなど、たくさんの魅力が。 縄文杉だけで帰ってしまうのはもったいない! ここでは、縄文杉登山が予定通り終わったあとの、屋久島めぐりをご紹介。 3日目は白谷雲水峡へ! 屋久島の神髄といえる森が白谷雲水峡。森の中を歩くと、屋久島の大自然を実感! 「もののけ姫」のモデルにもなったと言われる苔の森もあります。 最後は、太鼓岩まで昇ると、登頂のヨロコビがあります! グルメも楽しみ! 屋久島の名物といえばトビウオ。いろんな食べ方がありますが、おすすめは唐揚げです。 宮之浦の食事処「潮騒」のトビウオ唐揚げ 時間があれば屋久島1周も面白い! 時間があれば、屋久島をぐるりと一周するのもアリ。1周約8時間、時間はかかりますが、屋久島を満喫できます。 野生のサルに出会えたり、 迫力のある滝を眺めたり、 きれいなビーチを楽しめたりしますよ!  →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その5準備編】」に続きます。
屋久島ウィルソン株

屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その3登山編】

いよいよ、屋久島・縄文杉登山当日です。朝は5時出発なので、4時起床がデフォ。宿の場所によっては、もっと早い時間に起きなければならないこともあります。 早起きがんばれ! 午前5時出発!屋久杉自然館へ 安房を午前5時頃に出るバスに乗り、屋久杉自然館へ。 さらに5時30分発の登山バスに乗り継いで、6時10分に荒川登山口到着。ここで朝食のお弁当を食べて、トイレを済ませ、いよいよ出発! トロッコ道をひたすら歩く いよいよ縄文杉へ向けて出発! 片道5時間、往復10時間以上の登山コースです。まずは、森林軌道の線路(トロッコ道)を歩きます。 途中、ちょっと怖い橋もあります。 ひたすら歩くこと2時間半で、大株歩道入口着。ここには大きなトイレがあります。 本格的な山道を進め! 大株歩道から先は本格的な登山道。距離は短いですが、一番つらい時間かも。でも、途中でいろんな屋久杉や動物にも出会えて、屋久島を堪能できることもあるよ! 途中のウィルソン株は、ハート形の切り株で有名! 縄文杉到着! 登山口から約5時間!やっと着いた~! 癒されます♪ 近くでお弁当Time! お弁当は宿で用意してくれることもありますし、自分で予約して朝ピックアップしてくることもできます。 ひたすら歩いて、また登山口に! 往路と同じ道を5時間かけて下ります。 途中の川で水浴び。気持ちいい! 往復で10時間かけて、やっと登山口に戻りました。  →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その4島めぐり編】」に続きます。
屋久島への飛行機

屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その2出発編】

屋久島までは飛行機や船に乗らなければなりませんし、縄文杉まではは登山口から往復10時間以上を歩かないといけません。それだけに、たどりついて縄文杉を仰ぎ見たときは表現できないくらいの超感動! ぜひ味わってほしいものです。 ということで、縄文杉を訪れる女性の数は急上昇中。登山者の過半数は女性です。しかも、10時間日帰りという日程なので、若くないとムリ! という声もあり。一日でも若いうちに、ぜひ行っておくといいでしょう。そう、今日のあなたはこれからの人生で一番若い! 屋久島・縄文杉登山モデルプラン 以下では、屋久島へのモデルプランをご紹介します。屋久島へは、ツアーで行く人が多いと思いますが、以下のモデルプランもツアー選びの参考になるように書いてあります。 鹿児島から飛行機か高速艇で! 屋久島の玄関口は、鹿児島です。鹿児島から屋久島へは、飛行機、高速艇(船)、フェリーの3つがあります。お手頃で早い高速艇が人気ですが、乗り継ぎが便利な飛行機もラク!  実際には、高速艇を使う人が多く、次が飛行機です。飛行機は小型のプロペラ機! 安房の民宿に泊まる! 屋久島にはいくつかの集落がありますが、縄文杉登山をするのなら、安房(あんぼう)という集落に泊まるのがベスト。なぜなら、登山口に近いので、朝の出発時間を遅めにできるからです。 安房の民宿のオススメはココ! 「民宿 トロッコの宿」。新しくて格安です。 お弁当の予約をして、午後7時に就寝! 1日目の夕方早めに安房に着ければ、2日目に縄文杉登山にチャレンジできます。早めに宿について食事を済ませ、午後7時過ぎには寝たいところ。 翌日のお弁当の予約も忘れずに! 宿で用意してくれるならそれでいいですし、そうでない場合は、お弁当屋さんに注文しておきましょう。  →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その3登山編】」に続きます。
屋久島縄文杉

屋久島・縄文杉へ女子一人で登る方法【その1基礎知識編】

「屋久島、一度は行ってみたいんだよね~♪」と思っている女子、いませんか? 東京や大阪からはちょっと遠いし、二の足を踏んでいる人も多そうです。 でも、最近は交通も便利になり、訪れるのはそれほど大変な場所ではありません。 「実は行きたい」と思っている人は多いので、声をかければ仲間集めもわりとカンタン。 でも、同行者が見つからないこともあるでしょうし、日程が合わないこともあるでしょう。その場合は、1人で参加できる登山ツアーもありますし、女子の1人登山でもそれほどキケンはありません。 ここでは、屋久島・縄文杉へ女子が一人で登る方法をご紹介しましょう。 5分でわかる縄文杉登山の基礎知識 まずは、屋久島・縄文杉登山の基礎の基礎をお教えしましょう。 どうやって行くの? 屋久島は九州の南、鹿児島県の離島です。鹿児島市から高速艇で2~3時間かかります。飛行機なら、鹿児島空港から40分くらいです。 東京からの場合、飛行機を乗り継いで最短で3時間。たとえば、羽田を6時20分の飛行機に乗れば、鹿児島空港で乗り継いで、9時10分に屋久島空港に着くことができます。 安いツアーですと、鹿児島-屋久島は高速艇を使うことが多いです。その場合は、羽田を6時20分の飛行機に乗れば、鹿児島港からの高速艇を利用して、13時20分に屋久島の安房港に着くことができます。所要7時間です。 ツアーもある? 旅行会社の屋久島ツアーはたくさんありますし、縄文杉までガイド付きで連れて行ってくれるツアーもあります。 屋久島ツアーに強いのは、オリオンツアーです。屋久島のツアーのシェアの過半数はオリオンツアーというウワサもあるほどです。 縄文杉までツアーで行けるの? 旅行会社のパッケージツアーには、「縄文杉までのガイドが含まれている場合」「オプショナルツアーになっている場合」「ツアーに全く含まれていない場合」があります。ツアー選びの時によく確認してください。 ツアーに縄文杉が含まれてなくても、現地で個人で登ることは可能です。安く行くなら、縄文杉までのガイドが含まれないプランで往復の足と宿だけを押さえて、自力で縄文杉に行くのがベスト。登山ガイドが含まれているツアーは価格が高いです。 全部で何日かかるの? 縄文杉に行く場合は、東京・大阪発着で最低3泊4日というのが標準的な旅行日程です。2泊3日でも不可能ではないですが、縄文杉に行って帰ってくるだけの旅になってしまいます。4泊5日あれば、縄文杉、白谷雲水峡、屋久島一周を堪能できます。 ベストシーズンはいつ? 縄文杉の登山シーズンは3月~10月まで。ただ、日が短い時期は明るいうちに登って下りてくることができませんので、日が長い時期がおすすめです。春分の日より後、秋分日より前。4月から8月までがいいでしょう。 登山に許可やガイドさんは必要? 縄文杉に登るのに許可は不要ですし、ガイドさんもいなくても大丈夫です。下調べをきちんとしておけば、ほとんど迷うことのない道です。ただ、登山初心者や単独行の場合は、現地発着のガイドツアーや、旅行会社のオプショナルツアーに入るのもいいでしょう。  →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その2出発編】」に続きます。

Recent Posts