屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その2出発編】

屋久島までは飛行機や船に乗らなければなりませんし、縄文杉まではは登山口から往復10時間以上を歩かないといけません。それだけに、たどりついて縄文杉を仰ぎ見たときは表現できないくらいの超感動! ぜひ味わってほしいものです。

ということで、縄文杉を訪れる女性の数は急上昇中。登山者の過半数は女性です。しかも、10時間日帰りという日程なので、若くないとムリ! という声もあり。一日でも若いうちに、ぜひ行っておくといいでしょう。そう、今日のあなたはこれからの人生で一番若い!

PR

屋久島・縄文杉登山モデルプラン

以下では、屋久島へのモデルプランをご紹介します。屋久島へは、ツアーで行く人が多いと思いますが、以下のモデルプランもツアー選びの参考になるように書いてあります。

鹿児島から飛行機か高速艇で!

屋久島の玄関口は、鹿児島です。鹿児島から屋久島へは、飛行機、高速艇(船)、フェリーの3つがあります。お手頃で早い高速艇が人気ですが、乗り継ぎが便利な飛行機もラク! 

実際には、高速艇を使う人が多く、次が飛行機です。飛行機は小型のプロペラ機!

屋久島への飛行機

安房の民宿に泊まる!

屋久島にはいくつかの集落がありますが、縄文杉登山をするのなら、安房(あんぼう)という集落に泊まるのがベスト。なぜなら、登山口に近いので、朝の出発時間を遅めにできるからです。

安房の民宿のオススメはココ!

民宿 トロッコの宿」。新しくて格安です。

トロッコの宿

お弁当の予約をして、午後7時に就寝!

1日目の夕方早めに安房に着ければ、2日目に縄文杉登山にチャレンジできます。早めに宿について食事を済ませ、午後7時過ぎには寝たいところ。

翌日のお弁当の予約も忘れずに! 宿で用意してくれるならそれでいいですし、そうでない場合は、お弁当屋さんに注文しておきましょう。

 →「屋久島・縄文杉に女子一人で登る方法【その3登山編】」に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする