青春18きっぷでのグリーン車利用法

青春18きっぷは格安ですが、普通列車に長時間座っているのもしんどいし、ごはんも食べられないですね。

そんなときに使いたいのが普通列車のグリーン席。リクライニングシートでゆっくり景色を見ながら乗ると、ちょっと優雅な気分になれますよ。

PR

青春18きっぷで乗れるグリーン車

上野東京ライン

青春18きっぷで乗れるグリーン車は、普通列車・快速列車のグリーン車自由席です。グリーン車指定席は、普通列車であっても乗車できません。

グリーン車自由席は、首都圏の東海道線、横須賀線、高崎線、東北線、常磐線、湘南新宿ライン、上野東京ラインに連結されています。

それ以外の普通列車には、ほとんど連結されていません。

普通列車のグリーン料金

首都圏の普通列車・快速列車のグリーン料金は以下の通りです。

【平日料金】平日
種類 50キロまで 51キロ以上
事前料金 770円 980円
車内料金 1,030円 1,240円

【ホリデー料金】土曜・休日・年末年始
種類 50キロまで 51キロ以上
事前料金 570円 780円
車内料金 830円 1,040円

グリーン券のお得な購入術

JR東日本の場合、事前に駅の窓口や券売機でグリーン券を購入するか、当日Suicaでグリーン券を購入すると、当日車内で購入するより200円安くすみます。

Suicaグリーン券購入・利用手順

1.乗車前にグリーン券を購入
グリーン車が停車する駅の券売機で、Suicaを使用して「Suicaグリーン券」を購入します。これでSuicaに、グリーン券情報が記録されます。券売機は改札口の外や、ホームにもあります。

2.乗車したらSuicaをタッチ
グリーン車に乗車後、Suicaを座る席の上方にある「グリーン券情報読み取り部」にタッチします。すると、ランプが赤色から緑色に変わります。これで手続き完了です。

途中で席を替わりたい場合や、他の列車に乗り換えたい場合は、座っている席の「グリーン券情報読み取り部」にタッチして、ランプが赤色に変わったことを確認してから、次の列車の席や移動先の席にて再度タッチします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする