女性のための温泉の選び方

「温泉に行きた~い!」と思っても、「じゃあ、どの宿に行く?」と悩むもの。日本には温泉地も温泉宿も無数にあります。そのなかで「行って良かった!」という宿を探し出すのは意外に難しかったりします。

そこで、ここでは、女性のための温泉の選び方をご紹介! 意外と知らない「温泉の選び方」のコツを伝授しましょう!

PR

宿選びで全てが決まる

温泉旅行の良し悪しは、「宿選び」ですべてが決まるといっても過言ではありません。「美肌の湯がいい」とか「ダイエット目的」とか「骨盤にいいお湯を求む!」などといっても、結局は宿の総合的な印象で旅の良し悪しが決まるものです。

ということで、温泉の選び方とは、すなわち宿の選び方に他なりません。

温泉

温泉地選びも大事

宿選びで全てが決まるのなら、「箱根」や「草津」といった有名温泉地にこだわる必要はない、ということになってしまいます。

とはいうものの、旅をするのなら、やっぱり有名なお湯につかりたい、と思うのも人情。有名温泉地は、温泉街の雰囲気もよかったりしますし、人が多く集まるので、宿に活気があっていいものです。

温泉地で探すか、宿の評価で探すか

ということで、ベストの宿は「有名温泉地の名旅館やリゾートホテル」ということになります。実際、こういう宿は外れが少ないものです。

が、お値段がお高めなのも事実。予算に限りがあるのなら、温泉地にこだわらず「評価の高い宿」で探すのが良いでしょう。

PR

宿泊予約サイトで評価の高い宿を探す

評価の高い旅館やホテルを探すには、宿泊予約サイトの「評価」や「口コミ」を見るのがいいでしょう

こうしたサイトでは、通常価格より安く予約もできることもあります。宿によっては、複数の宿泊予約サイトを使い分けているので、いくつかのサイトを確認することをおすすめします。

温泉に強い予約サイトとしては、楽天トラベルじゃらんnetるるぶトラベル一休.comなどがあります。

良いお湯ってなんですか?

ところで、良いお湯ってなんでしょう。泉質も大事ですが、それよりも大事なのは「湧きたて」かどうか、ということです。

なぜなら、温泉は地上に湧き出して、お湯が空気に触れると酸化しはじめるからです。時間が経ては経つほど、本来の効能は失われていきます。

だからこそ、源泉からの湧きたてのお湯がいいのです。こうした湧きたてのお湯をそのまま湯船に流してくれることを「源泉かけ流し」といいます。つまり、温泉を選ぶときの基準として、「源泉かけ流し」かどうかは大事です。

源泉かけ流しの宿をさがす

つまり、良いお湯につかりたいなら、源泉が宿の敷地内や近くから湧き出ているかどうか、を確認する必要があります。

源泉が宿の敷地内で出ている宿を「自家源泉の宿」といいます。こういう宿は、温泉の泉質や効能にこだわっていますので、湯船のお湯の状態も良好に保たれているものです。

泉質にこだわるなら

温泉には数多くの泉質があります。泉質については、「女性のための温泉効能小事典」をご覧ください。

泉質にこだわるなら、「かけ流しの宿」の中から自分にあった泉質の宿を探しましょう。かけ流しでない場合は、いくら泉質がよくても、お湯は循環されて殺菌もされますので、うたい文句通りの効能が得られるかは疑問です。

おもてなしの優れた宿をさがす

さて、お湯についてはここまでにして、次に大切なことは、「おもてなし」です。

いくらお湯がよくて、宿の設備も素晴らしくても、従業員の応対が悪くては、せっかくの旅の気分も萎えてしまいます。かといって、あまりに過剰に干渉してくる宿も面倒なもの。温泉でリラックスするには、ほどほどに放置してくれた方が良いですよね。

「おもてなし」は数値化しにくいので、これも予約サイトの「口コミ」や「評判」などを見て判断するのがよいでしょう。

PR

きちんとした食事の宿をさがす

温泉旅行において、食事はお風呂と同じくらい重要です。温泉旅館やホテルのサイトを見ると、豪華な食事が並んでいたりしますが、あんまりそれに惑わされないように。見た目と味は違うものです。

ただ、料理に力を入れている旅館は、どういうメニューを出すかを詳細にホームページに掲載していたりします。逆に、「イメージ写真」を掲載しているような宿は避けた方が良いでしょう

食事の内容によって宿泊料金が変わることも多いですが、食事はあまりケチらないことをおすすめします。隣の人が名物料理を食べているのを横目にするのは切ないものですから。

夕食をバイキングにしている宿は避ける

大規模な温泉ホテルでは、夕食がバイキング形式になっている場合があります。こういうバイキングは冷凍物を使っているケースが多く、本格的な料理とはいえない場合も少なくありません。

ですから、食事を楽しみにしているなら、バイキングは避けましょう。どんなに「豪華バイキング」「食べ放題」などと書いてあっても、1人1人に向けて作った夕食には敵いません。

ただし、「食べ放題大好き!」「バイキングLOVE!」な人なら、それも旅の楽しみになるのでOKですよ、もちろん。その場合は、名物料理がバイキングに含まれている宿を選ぶと良いでしょう。

お部屋は「中の上」を選ぶ

食事ともにお部屋も大事。お手頃なプランなどで宿泊すると、狭かったり、景色の良くない部屋を割り振られたりします。

「お得ならOK」と割り切れるならいいですが、せっかくの旅なら、ちょっと良いお部屋を狙った方が旅の感想は良くなります。目安は「中の上」です。

エステを体験するなら、早めのチェックインを

エステやマッサージを売り物にしている温泉宿も増えてきました。温泉に入ってエステやマッサージをするとなると、結構時間をとられるものです。ですから、なるべく宿には早めにチェックインをしてしまいましょう。

温泉宿では、食事の時間は午後6時から7時ごろに決まっていますので、入浴とエステの時間を計算しておきましょう。

また、宿の予約が取れてもエステの予約が取れない、なんてこともありますので、エステの予約が取れることを確認してから宿の予約をとることをおすすめします。

旅行会社のツアーも検討してみる

往復の足が決まっていない人は、旅行会社のツアーも検討してみましょう。往復のバスやJRがセットになって、別々に自分で買うよりも安くなっているケースもあります。ネットで予約できる旅行会社ではJTBがプランが豊富でベストです。

JTBがおすすめする温泉宿

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする