縁結び寝台特急で、出雲大社の旅へ!【その4準備編】

寝台特急「サンライズ出雲」を使った出雲大社旅行のモデルプラン・その4です。

ここでは、「サンライズ出雲」の上手な利用法や、旅の予算など、旅の準備についてご案内しましょう。

PR

寝台特急「サンライズ出雲」の利用法

寝台列車に乗ったことがない!という人も多いでしょうが。大丈夫。日本の寝台列車は清潔で安全です。なかでも「サンライズ出雲」は、車両も比較的新しく、近代的です。

「サンライズ出雲」は人気のある列車ですから、チケットを早めに確保することを心がけましょう。

サンライズ出雲

その1 個室を選ぶ!

「サンライズ出雲」には、いくつかの寝台車の種類があります。

おすすめは「シングル」。1人用の個室でカギがかかりますし、荷物もまあまあ置けます。

サンライズ出雲の個室

少し節約したいなら「ソロ」。これも1人用の個室ですが、やや狭いです。シングルとの料金差は1000円ほどです。

「シングル」「ソロ」のどちらも1階と2階がありますが、できれば2階を取りましょう。そのほうが、線路の「がたん」という揺れが少ないです。

東京~出雲市までの片道で、サンライズ出雲のシングルの料金は、総額で22,790円で、ソロの場合は21,710円です。

その2 JRの窓口などでチケットを購入!

個室が決まったら、サンライズ出雲のチケット(寝台券)を取ります。出発日の1ヶ月前から発売されます。すぐに売り切れることはあまりありませんが、金曜日の夜出発の列車に乗るのなら、混雑しやすいので早めに確保しておくことをおすすめします。

きっぷは、全国のJRの窓口やJTBなどの旅行会社で購入することができます。

その3 当日は、食べ物は準備しておこう

「サンライズ出雲」には、食堂車もカフェも売店もありません。夜は10時発と遅いので、食事は済ませていると思いますが、翌朝は9時58分の出雲市到着まで、食べるものを買うことはできません。

ひもじい思いをしないために、朝食用のパンと、ペットボトルくらいは用意しておきましょう。

東京駅で駅弁を買っておくのもいいかも!

30品目バランス弁当
東京駅「駅弁屋 祭」の30品目バランス弁当

その4 車内に電源はひとつだけ

個室にはコンセントが一つしかありません。複数の充電をする人は、電源タップ(タコ足)を持っていくと便利です。

予算

往路はJRの「サンライズ出雲」のシングル、復路はANAの特割を利用するとして、予算をシミュレーションしてみましょう。

現地の移動は「縁結びパーフェクトチケット」を利用します。

縁結びチケット

今回の旅一畑電鉄、一畑バスは、すべてこのチケットで乗車できます。出雲市駅の観光案内所で購入できます。

旅費総額(交通費・宿泊費)

サンライズ出雲(東京~出雲市・シングル利用):22,790円
縁結びパーフェクトチケット:3,000円
境線乗車券(境港~米子空港):190円
ANA(米子空港~羽田空港・特割利用):24,290円
宿泊費(ヤングイン松江):2,600円
合計 52,870円

ちょっと高い!という人は、往復どちらかを高速バスにするといいでしょう。
東京-出雲・松江への高速バス

このあと、出雲旅行のスケジュールとガイドブックをチェック!
 →縁結び寝台特急で、出雲大社の旅へ!【その5まとめ編】に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする