富士山に女子一人で登る方法【その8予算編】

富士登山の予算はどのくらいでしょうか? 費用としてかかるのは、往復の交通費と山小屋の宿泊費、それに多少の食費です。富士山には「入山料」も設定されていますが、任意なので払わなくても登ることはできます。

ここでは、富士登山の予算をご説明しましょう。

PR

東京からなら1万数千円

東京発の場合、都内から登山口(五合目)までのバス代と、山小屋の宿泊費がかかります。バス往復で5000円~6000円。山小屋が1泊2食で7000円~8000円。あわせて1万数千円です。

新宿から富士山吉田口五合目までバスで行き、山小屋で一泊、須走口五合目から下りてきた場合の予算は以下の通りです。途中、山小屋のトイレに4回、山頂のトイレに1回行ったとして、トイレ代金を計算してあります。

富士登山の予算

新宿~富士山吉田口五合目(バス代) 2700円
山小屋(平日1泊2食)7800円
富士山須走口五合目~御殿場(バス代) 1540円
御殿場~新宿(バス代)1680円
トイレ(3回) 1100円
計 14820円
(※このほかに、行動中の食料や飲料代などは別途必要)

上記の予算は、モデルルートに沿ったもので、行きが吉田口、帰りが須走口となっています。もし、往復とも吉田口にすれば、バスの往復割引がききますので、もっと安くなります。

富士山剣が峰

富士山の地図とガイドブック

富士山といえども、山登りですから、地図かガイドブックのどちらかは必ず持っていきましょう。

定番の地図は山と高原地図のシリーズです。見やすいデザインで、登山者必携です。


商品の詳細 山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹

わかりやすいガイドとしては、こちらも好評です。


富士山ブック

コミックのベストセラーもあります。わかりやすくておもしろい!

山登りはじめましためざせ! 富士山編

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする