富士山に女子一人で登る方法【その4山頂編】

富士山吉田口五合目から、半日かけて八合目に到着。「白雲荘」に泊まりました。

1泊の後、いよいよ胸突き八丁、頂上を目指します。ここからが正念場!

PR

山小屋宿泊から登頂まで

2日目の目標は、いうまでもなく登頂です。山頂で御来光を眺めるなら、午前2時頃に起床して、山頂を目指します。

でも、真っ暗な中を歩くのは危ないし、しんどいので、無理に御来光登山をしなくてもいいでしょう。吉田ルートの場合、日の出を見るだけなら、八合目の山小屋からも見られます。

ということで、今回は、朝まで山小屋にゆっくりして、早朝から山頂目指して登り始めます。

頂上目指して出発!

翌朝は、午前4時15分に一斉に灯りがつきました。日の出は午前4時37分。御来光に間に合うように起こされます。

白雲荘前の御来光。両手をあわせて登山の無事を祈ります。

富士山ご来光

朝食を食べて、5時30分出発。

土と岩混じりの坂道を淡々と上がっていきます。もう少し早い時間に出発する人が多いので、この時間は歩いている人も少なく、天気もよく、風もさわやかで、とても気持ちのいいトレッキングです。

富士山八号五寸

頂上が見えてきた!

本八合目トモエ館着。白雲荘から本八合目トモエ館までのコースタイムが40分です。6時10分到着。10分休憩。

本八合目の山小屋群を抜けると、頂上がよく見えます。

富士山本八合目

八合五勺の御来光館。標高3450メートルです。

御来光館

ここが吉田ルート最後の山小屋です。

それにしても、八合目は長い!八合目、本八合目、八合五勺と来て、ようやく八合目シリーズが終わりです。

風が強くなってきました。吹き飛ばされないように!

PR

九合目から山頂へ

九合目着。7時10分。標高3600メートル。九合目から下を見下ろすとこんな感じです。

富士山九合目

本八合目の山小屋群が眼下にあり、その遥か下に原生林が広がっています。

見上げると、山頂はもうすぐ!

富士山頂が見えてきた

振り返れば、山梨や長野の山々がきれいに見えます!

富士山からの眺望

ついに登頂!

そして、いよいよ山頂の鳥居。

富士山頂の鳥居

ここをくぐれば、頂上です。

富士山頂上

吉田口頂上、7時40分着。標高3710メートル。やったぁ!

PR

お鉢巡りへ!

吉田口の頂上には、「富士山頂上奥宮」(久須志神社)があります。

富士山頂上奥宮

その先が、山小屋が三軒並んでいます。ちょっとした観光地のようで、「富士山銀座」という別名もあるのだとか。ここで少し休憩。

富士山銀座

山頂の中心部には、噴火口があります。この大きな噴火口を大内院といいます。

大内院

大内院の向こうには、剣ヶ峰が見えます。上の写真のいちばん高いところです。

剣ヶ峰こそが、3,776メートルの日本最高地点で、富士山の本当の意味での山頂です。剣ヶ峰の上に建っているのは測候所です。

これから、大内院をぐるりと回りながら、剣ヶ峰に向かいます。

富士山頂を大内院に沿って一周することを「お鉢巡り」といいます。コースタイムは90分程度です。

PR

8時、吉田口頂上発。

途中、富士宮口頂上を通ります。ここには、浅間大社奥宮や山頂郵便局があります。

富士宮口頂上

さら歩いて、急坂を登ります。

登り切ると、剣ヶ峰です。8時45分到着。

富士山剣が峰

日本最高峰富士山剣ヶ峰」の碑があります。

これで、日本最高峰に登り切りました。やったあ!

 →「富士山に女子一人で登る方法【その5下山編】」に続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする