南仏とパリの女子旅、予算は?【フランスその6】

>>「パリの名所を早回り!【フランスその5】」から続きます。

一生に一度は行ってみたい場所の一つ、南仏プロヴァンスをお手軽にめぐる旅・その6です。

ここでは、気になる予算と、おすすめのガイドブックをお教えしましょう。

南仏

南仏というと、日本から遠くてお高い!というイメージもありますが、安い航空券をゲットして、しっかり下調べしていけば、お手頃にお出かけすることもできますよ。

PR

南仏プロヴァンスとパリの旅・予算

羽田からの航空運賃は?

東京・羽田からパリまでの航空運賃は、時期によりますが、割引運賃で15万円程度~。羽田からパリへの直行便はエールフランスのほか、日本航空、全日空が運航しています。

日本航空とエールフランスは成田発の便もありますし、エールフランスは関空発もあります。

また、ヨーロッパ各地を経由して行くことも可能です。安さにこだわるなら、成田や関空からアジア系の航空会社を使えば10万円程度でパリまで行けます。

フランスまでの格安航空券の検索はこちら
 →スカイスキャナー
スカイスキャナー

ホテルは1人1泊1万円でOK!

ホテル代はピンキリですが、2人以上で行く場合は、1泊1人1万円を見ておけば十分。このモデルルートでは6泊なので、6万円を見ておけばいいでしょう。

一人旅の場合は、バックパッカー向けのゲストハウスのドミトリー(共用部屋)に泊まれば、1泊5000円程度から。

普通のホテルに泊まっても、1泊1万円前後の宿を探すのは難しくありません。ですので、やはり合計5~6万円を見ておけば大丈夫でしょう。

ホテルは、エクスペディアで予約できます。日本の会社が安心なら、サプライスJTBなどでも予約できます。

TGVは事前予約で!

パリから南仏までで利用するTGVは、2ヶ月くらい前に事前予約すれば40~50ユーロ(5000円~6000円)程度で乗車できます。

直前に購入すると倍くらいになりますので、早めの予約をしましょう。「レイルヨーロッパジャパン」で日本語で購入できます。

気になる合計金額は?

航空券とホテル代で20万円程度は必要。それに現地の移動費を入れて、25万円~30万円くらいです。

往路の飛行機をアジア経由にして、宿泊もゲストハウスにする、などの工夫をすれば、15万円~20万円くらいにまで節約することもできるでしょう。

ツアーもあります!

JTBやHISなど、さまざまな旅行会社からフランスのツアーが出ています。けれど、こうしたツアーはパリ滞在のみのものが多く、プロヴァンスとパリをセットにしたものはあんまりありません。

ですが、HISなどでオーダーすることは可能ですので問い合わせてみましょう。

H.I.S.海外旅行 (航空券・ツアー情報)

PR

南フランス・パリ旅行のガイドブック

南フランスに行くときのガイドブック。

定番なら地球の歩き方「南仏プロヴァンス」がいいでしょう。


A08 地球の歩き方 南仏プロヴァンス コート・ダジュール&モナコ

「フィガロ」のムックも人気です。


フィガロ ヴォヤージュ Vol.18 プロヴァンスとコートダジュールへ

「るるぶ」も定番ですね。


るるぶフランス

一人旅の人は、参考に。


決定版 女ひとり旅読本

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする